母の一言~おまん、だれだね?~

台風の影響なのでしょうか、今日は朝からかなり強い雨が降っています
しばらく雨がなかったので畑には恵みの雨になるでしょう
ということでこの天候では“外遊び”もできないので、かなりたまっている“事務仕事”にせいぜいがんばることにします

ところで今日は敬老の日です

今朝の新潟日報には新潟県の65歳以上の高齢者人口は昨年より千人増えて62万4千人の過去最多になったとあります
そして総人口に占める高齢者の割合(=高齢化率)は26.4%で、昨年より0.1ポイント上昇したそうです
ちなみに私の暮らす名立(区)の昨年の高齢化率は34.4%で、ということは3人に1人以上が高齢者で、それはちょうどわが家の家族構成と同じです

そのわが家の“高齢者”である母は大正11年(1922年)1月17日生まれの89歳です
ここ数年足腰が弱くなってきたこともあって最近は家の中にいることが多くなってきましたが、自分の身の回りのことはまだなんとか自分でできています
でも、今年に入ってから急にもの忘れがひんぱんになってきたようで、「薬飲んだかいね~」とか「メガネどこやったかいね~」とか「今日だれ来たかいね~」ということが毎日にように繰り返されます

それでもやっぱり大正生まれの気丈夫な女性です
自分の思うところは頑として譲らず…そろそろ(この歳になって?)やわらかくなってもいいんじゃないのと思う反面、それだけの気持ちでいればまだ大丈夫かとも思ったりします

でも、昨日の朝、連休に帰ってきていた灯くんを見て「おや、いつきたんだね?」と…
実は一昨日帰ってきていてこの写真のように仲よく語らって(?)いたのですが、どうにも記憶がつながらなかったようです
c0187298_9401148.jpg

そしてその後で灯くんと一緒にいた私を見てこういったのです
「おまんだれだね?」

いくら起きがけとはいえ自分の息子がわからなくなってしまったのか?!
と一瞬ドキッっとしましたが、その後はそんなことを言ったことも忘れたようにまたいつもの顔に戻っています
こうしたことは残念ながらだれにも起きることなのかもしれません
そうだとしたら母にとってこの後に残された時間を心穏やかに過ごすことができるように願うだけです
c0187298_9413690.jpg

                *灯くんにはそろそろ(?)英才教育を!?
 だっこしているのはサッカー少年だった灯くんの父親でどうにも複雑な面持ちのようです
[PR]
by mm-nadachi | 2011-09-19 09:42 | ふと思うこと | Comments(0)


<< 名立の文化のルーツは…? 第13回全日本選抜還暦軟式野球... >>