名立のDNA

今年のお盆はわが家は全員集合です

で、揃って13日のお墓参りです
c0187298_22525754.jpg

左から兄の長男、私の二男、母、兄の妻、私の長男、その長男の灯くん(抱かれています)、長男の妻、私の妻、そして兄です
ちなみに後にいるのは私の妹の夫で、妹、妹の長女、その長男太雅くんたちが家から出てくるのを待っているところです
そして、夕飯どきには妹の長男も駆け付け、結局14人で迎えた2011のお盆でした

一夜明け、兄と妹家族は帰りましたが、それでもまだ8人もいて家の中はあっちゃっちゃです
そこで、エコ冷房のため(?)二男Tくんと兄の長男Sくん(二人は1978年生まれの同い年です)を引き連れて外出します

で、まずは二男のテレビ購入(!)と私の携帯変更(?)にY電機に向かいます
二男のこだわりは“オン・タイマー”機能付き
ひとり暮らしなので目覚まし用に「どーしてもなければならない…」とかなんですが、
「じゃ、目覚まし時計にすれば…」と言えば
「それはある!」
「じゃ、それでいいじゃん」と言えば
「ひとつじゃ目が覚めない!」
「テレビとか目覚ましとか携帯なんかじゃなくて、もっと違うものにしたら…」と言えば
「…」
「Sちゃんは…?」と聞けば
「オレはそんなもんなくてもひとりで起きられるから…」
うーん
「親の心子不知」のやんどもめ!!

なんとか37インチのオン・タイマー付きのテレビを購入して、次は私の携帯です
というのも輪行での遠出のときにこれまでも何度か道に迷ったことがあって、そのために地図をコピーして持って行っていたのですが、それも面倒なので“GPS機能&セルフタイマー付きカメラ機能&電話・メール機能”付きのなんとかフォンというものに変更しようかと以前から思っていたのです
私たち3人組に対応してくれたNさんはちょっとユニークな女性でしたが「あーでもないこーでもない」という私たちのうるさい要求に(ちょっとゆったり気味でしたが)一つずつ丁寧に答えてくれました
でも今日はそんなに急を要さないということともう少し事前検討が必要とのことで“商談成立”には至らず次回に繰越しとなりました
できれば秋風が吹き始めてのっそりと輪行に出かけたくなる前までには…

Y電機の後はSくんの希望でシーサードパーク名立へ向かいます
c0187298_2254269.jpg

                 *SSPからの眺望です

お盆休みとはいえこの暑さです
おまけに(?)7月にはこの周辺でクマが目撃されたんです!!
そのせいか(?)遊具や原っぱのある広場に人影はなく、でも、ここの“売り”のビッグ・ボブスレーには列をなして並んでいます
私たちもS⇒M⇒Tの順で乗り込みます
途中3ヶ所ほどの“ヘアピン”カーブやトンネルもあり、約2分ばかりの60ジジー暴走族を楽しんできました
c0187298_22545532.jpg

                  *ここには2基の風車もあります

SSP名立の後は道なりに進んで岩屋堂観音堂にお参りです
c0187298_22554127.jpg

“若い”ふたりともこの静まりかえった境内の雰囲気が気に入ったようだったので、この観音堂の謂れなどを話してやった“名立に生きる”ジーさんでした

で、最後はやっぱり(?)の名立駅です
c0187298_2256575.jpg

ふたりから特に感想めいたものは聞けませんでしたが、ここでもこのジーさんは熱く“作戦”の内容を語っていたのです
c0187298_22565885.jpg

こんな感じで3人の珍道中が終わり、家に戻ればそこには相変わらずの熱風です

名立はTくんには生まれ故郷ですし、Sくんには父のふるさとになるわけで、ふたりともきっと体のどこかに名立のDNAを持っているはずです
これからふたりがどこでどのように生きていくのかはわかりませんが、ときにはこの名立の風や音などを体の中で感じていてもらいたいものです

それにしてもTくんはご機嫌な笑顔が多かったですね
c0187298_2315333.jpg

                  *灯くんと…
[PR]
by mm-nadachi | 2011-08-14 23:05 | 名立に生きる | Comments(0)


<< 松之山避暑記①~浦田のお盆~ 筒石を走る③~明日の駅~ >>