も一つの日本一②~上越市最高峰の不動山~

テレビからは太平洋側の「大型で強い勢力」の台風6号による被害状況などが流れています
そっちのみなさんには大変申し訳ありませんが、そろそろ雨が待ち遠しい農夫です

そんな暑い中、昨日は名立区体育協会主催の不動山(1430.1m)登山に行ってきました
c0187298_22403747.jpg

どれくらい前かは思い出せないんですが、不動山には一度だけ登ったことがありました
そのときは地元(名立町)の人たちだけでしたが、不動山はいつの間にか(?)“上越市最高峰”になっています
c0187298_22413091.jpg

そのためか7:00の集合時間には地元と区外の参加者はほぼ半々くらいだったのでしょうか…
参加者は47人で“脚力”や登山歴などによってA、B、C班にグルーブ分されましたが、私たち3人のオジサンたち、私と横町いきいきサロン代表のHさん、そしてHさんの同級生のHOさんの3人はもちろんC班です
とはいえ、米山しか登ったことのない私に比べお二人は火打山とか富士山とかにも登っているようです

そんなこんなの開会式の後、マイクロバスに分乗して登山口近くの林道まで行きます
c0187298_22441845.jpg

ここから実質的な(?)登山口まで約30分くらい下ります
脚ならしにはいいのかもしれませんが、最後はこの長い下りを上ってこなければならないのです
確か前回は泣きたいくらいに嫌になった記憶があります

ともあれ8:30“マムシに注意”しながら登山道に分け入ります
c0187298_22464379.jpg

この登りはじめが短いですがいきなりの激坂になっていて、でも、これが「さー登るぞ!」っていう気にしてくれます

そんな中、私の前でときどきしゃがみこんで花の写真を撮っている女性がいます
c0187298_22485025.jpg

私も彼女の後を歩きながらいろいろ教えていただきました
c0187298_22515276.jpg

         *サンカヨウ

c0187298_2252255.jpg

         *ギンリョウ草

9:20 ブナ林の下で休憩
c0187298_22535644.jpg

実はここは登山ルートと芭蕉ヶ池へ迂回路(左方向)の分岐点になっていて、前回は下山のときにこっちを回ってきたんですが、地元のみなさんによる事前の登山道整備のときになんとスズメバチの巣が発見されたということで進入禁止です
池の名前のように水芭蕉が群生していたり、モリアオガエルも生息しているとか…
「この上にはもっときれいなブナ林があるんだけどね…」という地元の方のお話もありました
c0187298_2254453.jpg

これは休憩後に私たちC班の前でB班が激坂を登っている様子ですが、実はこれから先に最後の難関あって…
c0187298_2310261.jpg


10:20 残り40分!?
c0187298_9492185.jpg

これからが不動山の最大最長の激坂が40分(!?)続くわけですが、当然のことながらこの間は写真を撮るゆとりもなく、右手には杖、そして左手はロープを握りながら一歩ずつ前に、というより上に(!)登ります
c0187298_23113583.jpg

そして、案内標示のとおり、ジャスト40分で山頂です!!

11:00 2度目の山頂
「遠くに広がる日本海、目前に迫る妙高・火打・焼山の頸城三山など、圧倒的な景色」がこの登山のもう一つの楽しみです
でも、今回は少し雲が出ていて残念ながら360度の大パノラマとはいきませんでしたが、それでも火打山や焼山の雄々しい姿に感動です
c0187298_2303357.jpg

          *写真右から雲の中の焼山、火打山です

そして、まだ7月というのにアキアカネが群れをなして飛んでいます
c0187298_2315647.jpg

“避暑地”には最適なのでしょうが、ここまで登ってくることを思うとそれも…?

12:30 下山開始
お昼~休憩~記念撮影をしてから、またA班から順次下山開始です
あれだけの激坂ですので、下りもさらに慎重に…
c0187298_2323087.jpg

私はいつものランニングシューズだったので、踏ん張りがきかずになんども滑ってしまいました
次回(!?)はちゃんとした靴にしま…しょう?!

13:20 命の水!
下山開始から50分
激坂も無事に下り、また一気に汗が噴き出してきます
暑さはそれほど感じませんが、汗がとまることはありません
ここで沢からの湧水で水分補給です
c0187298_233646.jpg

ちなみにこのお二人が今回の私のパートナーです

13:50 振り返れば山頂!
ブナ林の中で休憩
木々の間から山頂へと続く激坂が見えます
c0187298_2344375.jpg

「あそこを登ったんだね~」

14:20 登山口着
約2時間で無事に下山終了
でも、これからが“第二の登攀”です
そーです、林道までの“激坂”を上らないと帰れないのです
でも、あーら不思議!
前回よりもなんだか楽に足が進みます
これも日ごろの鍛錬、いいえ“遊び”で鍛えた脚力のおかげでしょうか…

14:50 林道着
こうして私のずいぶん久々の不動山登山は無事に終了しました
もちろん体はかなり疲れているのでしょうが、流した大量の汗の中にはきっと体内の不純物もあったはずで、体の中はなんだかすっきりした気分です

お昼をしながら区外からの初参加者の「いやーこの山はきついですね~」という声が聞こえましたし、同行お二人も「火打のほうが(距離は長いけど)楽だわな」と…
そんな上越市最高峰を無事に登りきることができ、なんだか誇らしい気持ちです
それも今回のために事前に草刈りほか登山道整備をしていただいて地元の方々や体協のスタッフのみなさんのおかげとお礼申し上げます

先日は「名立には二つの日本一がある」って言ってましたが、ごめんなさい
もう一つありましたね
来年もがんばってこの“日本一の”不動山に登りたいと思います
[PR]
by mm-nadachi | 2011-07-19 23:15 | 山登り | Comments(2)
Commented by クロタマ at 2011-07-22 10:11 x
はじめまして、クロタマと申します。
私は名立出身で今は東京在住ですが、たまたま「不動の花火」で検索し「不動森あげ米かい」の掲示板を知りました。
そこでmmさんのブログのご紹介があったので訪問いたしました。
私も一度は不動山登山をしたいものと思っていますがなかなか機会がなく今日にいたっています。
mmさんは多彩なご趣味をお持ちのようで自転車にもアクティブにご活躍のご様子で感心しております。
名立界隈の近況を知るに際して訪問させていただきたくよろしくお願いいたします。
Commented by mm-nadachi at 2011-07-22 21:12
クロタマさん
こちらこそよろしくお願いします
今日の名立は先日のあっちゃい日から比べると10℃以上も低く、しのぎやすい一日でした
でも、不思議なことに汗が流れないとなんだかしゃんとしない体になってしまったようです
なので、明日はまた灘立農園で汗だくで農夫です
これからも“名立の今”をときおりお知らせしていきたいと思います


<< エゴテン作り①~まずはいつもな... も一つの“日本一”って… >>