名立に生きる~みんなでつくって、みんなで食べる幸せ~

新聞配達に起きた4:15にはまだ霧雨で
「もっと降ってよ…」
だったのが、2度目の目覚めのときには雨ばかりか強い風まで吹いていました

農夫にとってはかなり雨を待ちわびていたのでヤレヤレですが、今日はいきいきサロンで、しかも外で餅つきの予定だったので、こっちもヤレヤレです

ということで急きょ、山海荘の廊下にビニールシートと菰(こも)を敷き、その上に臼を運び込んで準備万端!

でも、やっぱりいきサロのスタートは笑顔で健康体操です
c0187298_2136526.jpg

その間にも台所では(今日は“先生”の)Tさん(写真中央)からいろいろご指導いただきながらもち米をふかします
c0187298_2138388.jpg

30分くらいでふきあがったもち米を臼に移して、最初は杵でもち米をつぶすように押しつけます
c0187298_21383353.jpg

これは実は私がやったんですが、以前にもご紹介したように私の父は石工でなんとわが家には餅つき用の石臼がありました
そして、暮れの12月28日(なんの日でしょうか!?)にお正月のお餅をつきます
それを小さなころから周りで見ていたせいか、そして高校生のころにはときどき杵を持ったことがあったからか、こうしたことをちゃんと覚えているんですね

ある程度つぶれたらあとはつき手が何人も変わって「よいしょ!」の掛け声を受けながら杵を振り下ろします
c0187298_21394553.jpg

体操のオニーさん、Nさんも「初めてです!」という(ちょっと腰が入っていないかな…?)餅つきです
c0187298_21405380.jpg

最後のほうではH代表と一緒にちびっこたちも順番に小さな杵でがんばりました
c0187298_21414973.jpg

こうしてできたお餅を今日はあんこ・きな粉・大根おろし餅の3つをつくり、みなさんで「やっぱり杵でついた餅はうんまいね~」なんて言いながらいただきます
c0187298_2143751.jpg

そして今日のおかずはフキ、タケノコなど春の幸とお土産には笹餅まで!!
c0187298_21442233.jpg

先生役のTさんによれば昭和32、33年ころまでは各家庭でこうした餅つき姿がよく見られたんだ
けどね~とのことでした

確かに最近はこうした臼・杵でお餅をつく家はほとんどないのかもしれません
それには様々な要因があるのでしょうからそれをイイ・ワルイと言うのはあまり賢くないことです

なので、「論より…」ではありませんが、今日みたいにサロンに集まってきてくださるジーちゃん、バーチャンたちから“暮らしの知恵”なんかをいろいろ教えていただくことはとても貴重なことですし、それをちゃんとちびっこたちにも伝えていかなければならない“責務”が私たちにはあるんでしょうね
c0187298_222268.jpg

そして、なんたってこうしてみんなでワイワイガヤガヤしながらも、みんなで作ってみんなで食べるってのは楽しいし、幸せですね
c0187298_2148662.jpg

といいつつ、私は来週末の決勝トーナメントに備え、今日、野球用のヘルメットを買ってしまった相変わらずのんきで気ままな農夫です(上は先週の佐渡210kmを伴にした自転車用ヘルメットです)
c0187298_21463523.jpg

なので、その日までケガしないよう、明日から農夫しながら足の回復に励むことにします
[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-22 21:54 | ボランティア | Comments(0)


<< 少年野球場で還暦野球?! 2011佐渡ロングライド210... >>