春の山野草のアンカー・イカリ草

皮ふ科からもらったパンフには

Q.帯状疱疹になったら仕事をしてもよいのですか?
A.仕事の内容にもよりますが、体を休めることが一番の治療です。かぜをひいたと考え、無理のないようにしてください。

とありましたので、午後、少し風がありましたが“無理にないように”農園に行ってきました

毎年、トマトやナスほかの夏野菜の苗の植え付けがGW中なので、そろそろ畝を作っておかなければいけません
明日も少し風があるようですが、雨も降らないようなので今日はその準備の堆肥上げと草取りです

車から農園まで一輪車で4往復しましたが、その途中の土手にようやく咲き始めた淡い紫色の小ぶりのスミレ草やイカリ草を見つけました
c0187298_2148470.jpg

白い花をつけるイカリ草は4枚の花弁が錨(イカリ)のような独特の形をしているためこの名があるわけなんですが、まさしくイカリ草はわが灘立農園周辺の春の山野草の“アンカー”です

このほか今日のふれあいランチ配達や灘立農園周辺で見かけた春の草木をご覧ください

冬の間、雪の下にあったユキノシタにもようやくの春です
c0187298_21491746.jpg


水田の残っていた雪を除けての苗代作りです
c0187298_21502189.jpg


桜も(小)桃の花も春の冷たい風に揺れています
c0187298_21511648.jpg








c0187298_21514194.jpg

灘立農園にも春の使者のウドや水仙が顔を見せています
c0187298_2155488.jpg









c0187298_21552915.jpg
[PR]
by mm-nadachi | 2011-04-25 21:55 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 普通の生活 太もも悲話 >>