太もも悲話

みなさんには3月初旬からしつこいほど左脚太ももハムストリングスの損傷~治療~リハビリと続く顛末をお知らせしてきましたが、またまた左脚太ももに異常発生です

19日のブログに「昨日から少し喉が痛くて」となにげなく書いてあったのですが、実はそれがこの異常事態の予兆だったのです(!?)

事実そのころからトローチなめたりしていたんですが、今週初めから左脚太ももになんだか虫に刺されたような赤いブツブツが出てきました
畑仕事かなんかで知らぬまに刺されてしまったのかなとムヒを塗っていたのですが、なかなか治りません
そればかりかそこが下着に触ると妙な肌触り感(?)があったり、ときにはチクチクと痛みも出てきました

んでもって、昨日ようやく皮膚科に行って「実はなんか虫に刺されたようで…」と言いつつズボンを下げてそこを見せたら…
「あっ、これ、虫刺されじゃないだわ!典型的な帯状疱疹!」
「まー、疲れたりすると出るんですよ」
と、あとはこれでも読んでおきなさいという感じで『帯状疱疹~こんな病気~』というパンフレットを渡され、
「ちょっと高いけど薬出しておきますね」
で、わずか2分の診察です

「帯状疱疹?」

病名は聞いたことはありましたが、その実態はまったく知らなかったので早速パラパラしてみます
細かなことは別として「60歳代を中心に50歳代~70歳代に多くみられる病気」で、過労やストレスが引き金となって発症するものだとか…
で、どうすればいいかというと「風邪をひいたのと同じと思って」、十分な栄養と休養をとるように…とのことです
c0187298_12265884.jpg

           *気分転換に灘立農園のカタクリをご覧ください

今年からまさしく60歳代に入ったわけですが、そんなことは人ごとのように思い、これまでと同じようにバタバタと動いてきたので、さすがにちょっとショック!!

今日は野球クラブの練習日で、久々にユニフォームを着て…と思っていたのですが、それもあえなく断念!!
そんなことをチームのIさんに電話したら、なんとIさんも同じ年齢のころに罹ったそうです
「実は来週野球の試合なんですけど…」
と医者に話したら
「なにバカ言ってるんだ!」
と一喝されたそうです

野球もそうですが、佐渡210Kmまであと3週間になりました
早く治さなきゃ!!

そうそう
薬代はなんと6,400円でした!
早く効いてくれ!!
[PR]
by mm-nadachi | 2011-04-23 12:24 | なんでも | Comments(0)


<< 春の山野草のアンカー・イカリ草 忘れられない風景 >>