春の山野草に囲まれて…

先日はカタクリとアズマイチゲをご覧いただきましたが、今日は灘立農園近くに咲いているショウジョウバカマとコシノコバイモソウです

どっちもなんとなくイワレのありそうな花の名前なのでどんな漢字なのかも参考に付けておきます

ショウジョウバカマ《猩々袴》
c0187298_2359306.jpg

日本各地の山地で少し多湿なところにはえる常緑の多年草
和名は花を猩々(しょうじょう=猿の一種)の赤い顔,葉の重なりを袴にみたてたもの…とのことです

ユリ科の小さな花、コシノコバイモソウ《越の小貝母草》
c0187298_23595185.jpg

こんな春の山野草に囲まれながら今日の仕事はニンニクの草取り~施肥
c0187298_002719.jpg
c0187298_005657.jpg


そして、ポットに播種していたサヤエンドウの定植
c0187298_012524.jpg

あとはひたすら草取りで…ちと腰が痛い農夫です
[PR]
by mm-nadachi | 2011-04-13 00:02 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 永田農法で“かんたん、おいしい... こんな日はサイクリング気分で… >>