3年目の“手前味噌”つくり

相変わらず、というよりも一層激しくボタ雪が降りしきる昨日、3年目の“手前味噌”つくりに正善寺工房に行ってきました
c0187298_21253338.jpg

昨年の猛暑にもかかわらず味噌用大豆の増収がうまくいき、昨年の3倍あまりの約9キロを仕込みました
味噌つくりの様子はこれまでもブログに載せていますので今回は出来上がりの一枚だけでご勘弁ください
c0187298_21255085.jpg

    これで約33kgの手前味噌です

それよりも、この日悲しい知らせがありました

正善寺工房といえば私たちのサックス・アンサンブルSBSEが一昨年から8月のみょうがまつりで演奏させていただいていますが、正善寺工房では7月には(もっと人出が多い)アジサイまつりがあって、そのときにハーモニカの演奏を行っているグループがあります

そのメンバーに私がまだ20歳代のころの上司(「コンピュータ付き…」と称されたくらいに緻密でありかつエネルギッシュな課長⇔主事の関係です)のNさんがいることを知り、たまに自主練習しているスタジオでバッタリお会いして、「お互いにがんばって演奏しような!」ってエール交換もしたこともありました
この写真は一昨年のSBSEの演奏を聴きにきていただいたNさんが撮ってくれた一枚です
c0187298_2126975.jpg

ちょうど演奏の合い間で、Nさんがステージ間近までカメラを手に近寄ってこられたのに気がついてこんなにやけた顔をしてしまいました

今年はサックス教室の発表会の日程の関係で、ひょっとしたらNさんのハーモニカ・グループと同じイベントで演奏できるかもしれないと思っていたこともあり、そしてなんといってもあまりに突然の訃報に大変驚き、そして悲しい気持ちでいっぱいです
Nさんのご冥福をお祈りするとともに、今年はNさんへの思いも込めて吹いてこようと思っています
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-23 21:27 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 過去と未来~東京ぶら歩きで思っ... いくら大寒とはいえ… >>