遅ればせながらの…新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします
c0187298_23375223.jpg

                   *長男の長男は「灯」(とも)と命名されました

世間一般的には今日は仕事始めです
でもこの時期の雪国の農夫としては松の内まではゆるゆると…ということで今年いただいた年賀状を改めて読ませていただきました

一年の初めということで今年にかける思いが切々と綴られています
「最近、一日一日を大切に思うようになりました。毎日の積み重ねを大事にしていきたいと思います」
「以前よりも自分の時間を持つことができているので今年は「余暇の充実」を目指したいです」
「自分を取り戻す年にしたいです」
「(仕事は)難しい状況が続いていますが、志を曲げるつもりはありません」
昨今の厳しい現実(環境)の中で自分をしっかり見つめて生きていこうとする彼&彼女らの思いが叶うように祈ります

その点、先輩はお元気です
「まだまだ長い人生、老けこむには早すぎます。これからも二人で楽しみを見つけ過ごして行きたいと思います」

私のお気楽な農夫暮らしに対しても心配やら激励やらがいくつかあって…
「農園も結構ですが、熊さんにはくれぐれもご注意くださいませ」
「今年は米山登山に何回チャレンジしますか?」
「体力は必須。ということで自転車ですね!」
「サックス頑張ってください」
「音楽活動の方はいかがですか?」

そしていちばん多かったのが意外にも“東京マラソン”で…
「昨年の東京、長野マラソンはどうでしたか?健康ゆえにできることですね」
「元気ハツラツMさん、東京マラソンはどうでしたか?」
「今年も東京マラソンに出場するのですか?」というのもあれば、
「今年は東京マラソンはお休みでしょうネ」というお気遣いまでいただいてしまいました

そしてこんな私の農夫暮らしが…
「先輩にならい新しい人生設計ができたらいいなと考えています」
「目指せM式退職生活!で頑張ります」
というような“悪影響”を与えているのではないか…とふと自省もしたりしますが、
「ブログ楽しみに拝見させていただいています」というこの一言が嬉しくて、今年も気ままに綴ってきますので、よろしくお付き合いください

最後にお二人の言葉を引用させていただき2011ブログ始めとさせていただきます

「フォルティッシモであろうとピアニッシモであろうと素晴らしいハーモニーを奏で響かせたいものです」

「人は支えあい、助け合わなければ生きていけない存在。そんな存在を支えるのが家族でしょうか。家族が恢復してゆく静かな息づかいに耳を傾けて生きたいと思います。今年はサイモンとガーファンクルのBridge Over Troubled Water を歌う予定です。家族のBridgeになりたいと思っています」

私の農夫暮らしも多くの人に支えられていることに感謝しつつ、2011も“風とともに”でいきたいと思います
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-04 23:42 | なんでも | Comments(2)
Commented by 軌楽庵 at 2011-01-06 19:54 x
「灯」っていい名前ですね。すくすく育って、未来を明るく灯してほしいものです。天気予報では、雪が続くとのことですが、みなさん、お元気でお過ごしください。
Commented by mm-nadachi at 2011-01-07 21:40
ありがとうございます
私と一日違いの誕生日で、逆さに読むと私の名前になる灯です
越後に生れたからには夏は「蛍の光」、そして冬には「窓の雪」の灯となってくれたらと願っています


<< 55年前と55年後 Avec vent~風とともに~ >>