琵琶湖一周自転車巡り②~長浜から比良駅まで、まーまー“穏やかな”前半~

遊びほうけていた酬いか、今朝も雨です
久々の農園をあきらめて雑務をムツムツとやっていて外を見たら(晴れてはいないけど)とにかく雨は上がってます
ということでバタバタと長靴をはいて早々に農園に向かいます
といっても“ご機嫌伺いの様子見”くらいしかできませんが、それでも播種が遅くてちょっと心配だったソラマメが発芽してましたし、“大嫌いな”ニンジンも採ってきました
c0187298_21453472.jpg
c0187298_21454979.jpg










そして午後にはようようネギの収穫です
c0187298_21461581.jpg

きっと今日の気温は10℃もなかったと思いますが、それでも少し動けば体も気持ちも軽くなります

ということで今日も琵琶湖です

***********************************

私が「湖」と名のつくところを自転車で回るのは野尻湖、猪苗代湖、桧原湖に続く4ヵ所目になりますが、最長でも猪苗代湖の約62kmでしたので琵琶湖(北湖)の約150kmはその2.5倍になります
また、これまでの一日の最長距離は上信越センチュリーライドでその名のとおり160kmになりますが、このときはいつもAvec vent の心強い仲間たちと一緒です
おまけに季節は初冬で(この日も朝方は4℃でした!)、日の出はともかく日没が17:00前と早いため実質の走行時間が限られます
そして、なんといっても“50歳代最後の悪あがき”なので最後まで体力と気力がもつか…?
はたまた途中での様々なトラブルに独りで対処できるのか…?

とまー、いろいろ考え始めたらキリがありません
なので、これまでと同じように「なんとかなるさ!」でまだ明けやらぬ長浜市内を7:00にスタートしたのでありました!!
c0187298_21552515.jpg

とはいえ、事前に滋賀県から取り寄せた「びわ湖周遊サイクリングマップ」や“ビワイチサイクリスト”(どうにも『琵琶湖一周サイクリスト』の略のようですね)のブログなどを参考に一応の時間設定や寄り道、チェックポイントなどを想定してはいたのですが、これまでの経験ではその半分も生かせていなかったのが事実で、さてさて今回はいかが相成るのでしょうか?!

それはさておき、湖を回るのは反時計回り(ちなみに半島は時計回り)との“鉄則”に基づき、まずは北へ向かいます
背中にうっすらとした朝日を受けながら、湖に沿って走るさざなみ街道脇の自転車道路を10kmほど北上すると“内陸部”に入ります
ちょうど登校時間なのか、ここでもクマ除けの鈴を鳴らしながらの小学生たちです

スタートから約20kmで国道8号に突き当たりますが、ここで学習の成果を…
というのもここで国道8号に入ってしまうと『自転車琵琶湖一周の最危険ポイント<賤ヶ岳トンネル>』になってしまうというブログを読んでいたのです
そこでどうしたかというと、もちろんサイクリングマップでもこの国道8号を迂回するコースになっていて、旧道を上りきったところにある賤ヶ岳ずい道を抜けると(いつも思いますが、この「トンネルを抜けると…」の先の楽しさというかワクワク感っていうのはいいですね)眼下に紅葉の名残りを写す琵琶湖が見えます
c0187298_2156888.jpg

こうして“最危険ポイント”をクリアーした後でちょっと道に迷いかけそうになったこともあり、ルートの確認と休憩も兼ねてコンビニに入りました
大福を2ヶとスポーツドリンクを買って、店主さんらしき方にサイクリングマップを見ていただきながら「ここはどのへんですか?」とお聞きしたら、このマップをこれまでご覧になったことがないようで「えーと…」とか「ん?」とかしか…
そうこうしているうちによく見たらこの周辺の詳細図が載っていて、しかもそこにコンビニの表示が…!!
おそるおそる「ここはこちらのお店では…」と声をかけたら「あー、そうだね!」

こうしてコース最大の“難所”を無事に通過できたわけですが、今、振り返ってみたらこうして道を尋ねたのもここだけでしたのでこのマップやところどころに設置されている案内標示板にずいぶん助けられました

この後もうひと山というか峠を越えると再び湖沿いの一般道を今度は南下することになりますが、車の通行量がそれほど多くないので湖や松並木などを眺めながら湖西エリアを走ります
c0187298_21583945.jpg

スタートから3時間で今津港あたりに着きます
ここまで約50km、なかなかペースが上がりません
でも、すぐ近くに「琵琶湖周航の歌資料館」があるというので行ってみます
c0187298_21571155.jpg

  われは湖の子 さすらいの
旅にしあれば しみじみと
のぼる狭霧や さざなみの
志賀の都よ いざさらば

「琵琶湖周航の歌」は1970年代の初めに加藤登紀子さんの唄でヒットし、この歌が大正のころから第三高等学校(現京都大学)のボート部で歌い継がれてきたということは知っていましたが、作曲者が新津市(現在は新潟市)出身の吉田千秋という人だったということを越後33観音巡礼のときに確か新津駅で見たような気がしていたので…でも、残念ながら「本日休館」でした

しかたなくさっきのコンビニで買った大福を口に入れ先を急ぎます

ほぼ1時間走ると延命長寿、長生きの神様として知られる(そうです)白髭神社に到着
神社の前の道路からは「近江の厳島」とも呼ばれている(そうです)大鳥居が見えます
c0187298_2214683.jpg
c0187298_222478.jpg










でも、こんなのどかな風景にもかかわらず(?)このあたりは車の往来がひっきりなしで、かつ(!)自歩道が狭いので全コースの中でもかなり走りにくかったエリアでした

ということで慎重にも慎重に…でも先を急ぎます
というのも琵琶湖大橋着を12:00前後と想定していたのに、まだこれから25kmもあります

このあたりからはJR湖西線と一緒に走るって感じになって、ちょうど比良駅というところで電車が発車しようとしていたので2個目の大福を頬ばりながらの一枚です
c0187298_2223288.jpg

ここでスタートから約80Km!
ということは約半分走破!
おまけに青空!
琵琶湖大橋あたりでウンマイもんでも食ってがんばんぞ!

とこの日初めてのハイテンションな気分で走り始めて間もなく、その“とき”が突然やってきたのです!!??

*******************************
[PR]
by mm-nadachi | 2010-12-08 22:04 | 自転車 | Comments(0)


<< 琵琶湖一周自転車巡り③~比良駅... 琵琶湖一周自転車巡り①~“せっ... >>