琵琶湖一周自転車巡り①~“せっかくだから”の湖東三山回り~

みなさん、お久しぶりです
お変わりありませんでしたか?
12月も2週目になりました
今日は朝から雨なのでちょうどいい(?)休養日です
そのわけは…

***********************************

私はなんの、そして誰の師でもありませんが、なんたって今年のテーマが“Avec vent”「風とともに」だっただけに、師走になり残り少ない2010年の、ということは「これが50歳代最後の悪あがき!」ということで、なんと琵琶湖自転車一周という“暴挙”にでたのでありました!

とはいえ、まずはその琵琶湖までたどりつかないことには話が始まらないわけで、それが遠いのなんのって…
のんびり電車輪行にしようか?!
宿泊が必要になり荷物も多くなるからやっぱり車かな~!?
で、結果として、「せっかくの遠出なので有意義に!」というもっともらしい理由にしてゴルフで初日の“ベースキャンプ”の米原駅に向けておおよそ350kmのロングドライブです

早朝に家を出て、北陸自動車道をひた走り、お昼前に米原駅に到着!
ここで電車内に自転車の持込みができる“サイクルトレイン”を実施している近江鉄道に乗り込みます

でも…ん?!
疑問ももっともで琵琶湖一周、ただし今回は琵琶湖大橋の北に広がる、通称「北湖」約150kmなんですが、それにしてもまる一日かかってしまいますので、今日は“せっかくなので”湖東三山を回ることにします

湖東三山というは、琵琶湖の東、鈴鹿山脈の西山腹に位置する西明寺、金剛輪寺、百済寺の三つの天台宗寺院の総称で、最近初めて訪れる地域に行く前に必ずチェックする五木寛之著の「百寺巡礼」に西明寺と百済寺が載っていたこともあり、また近江鉄道と自転車を乗り継いでいけば午後の半日でなんとか回れるかなと計画していたのです

まずは始発の米原駅から多賀大社前駅まで向かいます
ホームで待っていたら中学生っぽいアンチャンも自転車をひいてきました
平日は朝夕を除く日中だけの利用ですが、休日は終日の利用が可能です
おまけにこの日はきれいな青空が広がっていてサゾカシと思っていたら、乗客は数えることができるくらいの少なさ
「これで(経営的に)大丈夫かと思うけど、このノンビリ感というかおおらかさがこの鉄道のいいところなんですよ」と、ちょうど前に座った(どうも単身赴任中の)男性が話しかけてきます
c0187298_1631058.jpg
c0187298_1634941.jpg










《これでちゃんとした“駅舎”です》              《車内で自転車に乗れるくらいです》

向かい合わせのシートスタイルの車内はほかの電車に比べて幅広い感じがします
だからサイクルトレインも可能なのかもしれませんが、それにしてもこの乗客で本当に大丈夫なんかい!?
ちなみに自転車持込み料は無料のうえ(乗車券だけ!)、この日は全線利用可能な550円のフリーきっぷが利用できます
なんと終点の多賀大社前駅直前では2両に一組の夫婦と私+愛車の4人(?)だけでした

ご一緒したご夫婦に「気をつけていってらっしゃい」とアタタカイお言葉をいただき出発です
ここまで来たんだからと、まずは「古くから「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社」の多賀大社で参拝してから西明寺~金剛輪寺~百済寺の順に南に向かいます
c0187298_1614227.jpg
c0187298_16143781.jpg










《米原駅よりリッパな多賀大社前駅》     《旅の無事とみんなの健康を祈願して…》

三山(寺)とも同じ宗派のせいか境内の雰囲気も似ていますが、国宝指定の本堂、三重塔などの建造物や数多くの仏像などのほか、紅葉の名残りの色とりどりの樹木や長い歴史を感じさせる太い杉の木立の中に続く何段もの石段もあり、時間があればもっとゆっくり回りたいと思ったほどでした

【西明寺】
c0187298_1620481.jpg
c0187298_1621730.jpg










《国宝の本堂》                      《春夏秋に開花する樹齢約250年の「不断桜」》

【金剛輪寺】
c0187298_16263011.jpg
c0187298_162703.jpg










《これも国宝の本堂》                       《風車をお供えしてある千体地蔵》

【百済寺】
c0187298_1630334.jpg
c0187298_16302427.jpg












《石段の途中には五木寛之氏の言葉も…》 
                       《喜見院の庭園。高台からは湖東平野を展望できます》

それはともかく三山のパンフを読むといずれにも「戦国時代には(織田)信長が焼き打ち(払い)した」と、いまだに積年の怨みつらみ的な思いが綴られており、とりわけ百済寺のパンフにはそれに続いて「まことに有為転変の世の姿をそのままに荒涼人影を見ぬこと10年、信長も亦、本能寺の煙と化した」と記されています
そう考えれば私が歩いているこの道に約400年前には信長も立っていて空を見上げていたのか?!彼はここでなにを考えていたのか?!と思うとなぜか背筋に戦慄が走りました

こんなふうに急ぎ足での三山回りも終わり、最後の百済寺から近江鉄道愛知川(「えちがわ」と読みます)駅に向かい、ここから米原駅まで再びサイクルトレインです
c0187298_1638458.jpg
c0187298_1639069.jpg










米原駅に着いたのが17:00ですが、もうこんな暗さです
ここで自転車を車に積んで長浜市内のホテルに向かいます
この日の自転車走行距離は約28km
明日はこの約5倍です!!
なので、ホテル近くの中華料理屋でニラレバ定植とギョウザを食べて明日へのエネルギーを蓄えます

**********************************
[PR]
by mm-nadachi | 2010-12-07 16:41 | 自転車 | Comments(0)


<< 琵琶湖一周自転車巡り②~長浜か... “4農6輪”な一日 >>