こんな日は“半農半輪”

《こんな日》シリーズも3日目になりました

いちいち説明するのもなんですが、今日の「こんな日」は「2日続けての雨の後のお天気な、それも少し前までは雨予報だったのに…という“儲けた”一日」という意味で、そうなると当然、「あれもしたい!これもしたい!」になるわけです
そこで、今日は熟慮の末(?)午前農夫~午後自転車乗りという、そのわりにはごくごく当たり前の結論に落ち着きました

といっても農園仕事はこまごましたものばっかりで…
収穫終了後もそのままになっていたキュウリやゴーヤの支柱を片付けたり、“奇跡的に残った”白菜の寒さ除けにワラでしばったり、ブルーベリーの冬囲いをしたり、柿の落ち葉を堆肥場に積んだり…
そんなことしていてもあっという間の3時間です
そんな横で冬の短いお天道さんを浴びる灘立農園の野菜たちです
c0187298_1728078.jpgc0187298_17282988.jpg







c0187298_17334079.jpg

c0187298_17335485.jpgc0187298_17341350.jpg







そしてお昼もそこそこに今度は自転車乗りです
いくら今日のようなお天気でもこの時期ですので16:30くらいには暗くなってしまいますので、目標をおおよそ60kmに設定してスタートです

ということで折り返し地点にしたのが(♪「今はもう秋、だれもいない海」の)鵜の浜海水浴場です
c0187298_200879.jpg

帰りには樹下美術館でコーヒー飲んで…と思っていましたが、残念ながら今日は休館日!
そこで近くのネギ農家(!)のHさんのお宅に寄ったら「ちょうど今、畑から戻ってきたところ」で、川渡りもちとコーヒーをいただきながらお互いの近況報告です

ネギは夏の猛暑で一月ほど収穫が遅れたようですが、気ままな多品種栽培の灘立農園と違い、H農園は主にネギと冬菜を栽培・出荷(!)していて、Hさんの前では“農夫”と自称するのもはばかられます
ともあれこんなふうに暫時休憩後、家路を急ぎます

途中から雲が多くなったのか日暮れが近づいたのかよくわからないような空模様になりましたが、前後のライトを灯しながら16:30予定どおりに帰ってきました
(実質)走行時間約2時間45分、走行距離はほぼ目標どおりの62kmでした
c0187298_2021396.jpg

*自転車道にも落ち葉がいっぱいです

さて、明日はどんな「こんな日」になるのでしょうか?

♪こんな日はあの人のまねをして けむたそうな顔をして煙草をすうわ(「思い出まくら」唄・小坂恭子)

この「こんな日」ってどんな日なんでしょうね?
[PR]
by mm-nadachi | 2010-11-30 17:26 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 冬支度の灘立農園 こんな日は“主夫ときどき農夫” >>