ブドウ園のとある一日

今年は収穫作業のときも剪定作業のときも(なぜか)どーしても週に2日しか出勤できなかったフマジメ・アルバイターでしたが、今週は今季初の火・水・木のフル・タイム・アルバイターです

そんな気持ちがお天道さまに通じたのか(でも、さっきから外はなかり強い雨がふっているよーです)、昨日の午後からは青空の下での剪定作業です

ということで、今日のブログは「ブドウ園のとある一日」です

11月は剪定時期なので毎日ブドウ棚を見上げながらの作業が続いていますが、今日はこんなにきれいな青空が見えました
c0187298_20542831.jpg

午前中にはこーして(ときたまですが…)N班長による“ブドウ栽培・管理講座”もあります
今日は“ブドウの幹(樹)皮むきの実例と解説”で、その目的は冬季間、害虫がこの樹皮の下で越冬するのを防ぐのと、春先の(適正な!)薬剤散布の効果を高めるために行うものなんだそーですが、ここでは冬は雪の下になってしまうので現実的にはやらない(やれない)そーで、ただ山梨のほうではやっているらしいんですって…
c0187298_20554454.jpg

そんなこんなで午前の作業が終わり、楽しみの(本当に!)お昼を食べた後で長靴からスニーカーに履き替えて「見晴らし台」まで散歩です
(あっ、雷まで鳴ってきました!)
c0187298_20561792.jpg

休憩所から見晴らし台までは途中こんなふうに桜の落ち葉を踏みしめながらちょっと急な坂を上ること約10分です
c0187298_2058622.jpg

そうだっ!
一度この坂に自転車で挑戦しないとな~!!

それはともかく、これが見晴らし台からの頸城平野の眺めですが、遠くに見える妙高山などはすでに雪を抱いています
c0187298_20582322.jpg

で、午後も暖かい日差しを背に受けて…
これにはちゃんと理由があって、つまり日差しを正面にするとまぶしくて(まぶしくて)仕事に不都合が生じるんです

それはともかく、この剪定作業もあとどのくらいかかるのかな~
今日みたいに天気がいいとやっぱり進捗もいいようです
そんなんで今日の作業スタイルはこんな感じです
c0187298_2059191.jpg

防寒着は着ていませんが、それでもネックウオーマーや(アッタカイという謳い文句の)帽子、そして(見えませんが)レッグウオーマーも着用しています
雨が降るとこれにカッパを着るんですが、あー、明日は着たくない!!

そして、西日を受けながらの作業終了直前の剪定作業風景です
c0187298_20593753.jpg

こーして今日も無事に一日が終わりました

♪ 今日の仕事はつらかった
あ~とはショーチューをあおるだけ ♪

でも…

♪ 明日がある、明日がある、明日があーるーさ ♪

と、懐かしの2曲をお送りして今日のブログはこれにて fin !
[PR]
by mm-nadachi | 2010-11-17 20:49 | 葡萄園アルバイト | Comments(1)
Commented by mm-nadachi at 2010-11-18 20:06
UMEさん、こんばんは

残業、お疲れさまでした
また先ほどはご丁寧な案内をありがとうございました
家電売り場に《黒》がありましたが、やっぱり「ロックタイ」とゆー商品名でした…



<< “奇妙な”空模様 昔々あるところに…~映画館を巡... >>