夏はうちわを手にそうめんをすするで決まり!

「梅雨明け十日」どころか足の指まで借りないと数えられないくらいの猛暑続きです

みなさん、お元気でお過ごしですか?

ということで横町いきいきサロンのみなさんの体調も心配でしたが、マイクロバスから降りてくるみなさんはいつもと変わらぬ声で「おはようさん!」「今日も頼むでね!」

その元気な声を聞いて男ショは玄関先で流しそうめんの会場設営に汗を流します
そうです!
c0187298_22292931.jpg

“本日のメイン・イベント”は無謀にも(?!)流しそうめんです!

私たちが汗ダクの間に(山海荘は高台にあるので部屋には海からの涼やかな風が入ってきている…ってことがあとでわかりました)みなさんはいつものように体操で心身をほぐします
c0187298_22294977.jpg


その後は、これもこの季節ならではのうちわ作りです
白紙のうちわに金魚や朝顔などの折り紙を貼って、その周りをクレヨンなどで彩色します
c0187298_2230119.jpg


そうこうしているうちにようやく会場設営終了
待ちに待った流しそうめんの開始です!

七夕飾りに使った竹を約7mの長さに切り、それを半分に割って節を取ったりギザギザしている部分をヤスリでこすって…ここにそうめんを流します
この2本の長竹に向かい合うかたちで座って(なかには立っているひともいましたが…)そうめんが流れてくるのを待ちます
c0187298_22303381.jpg


ところが、このそうめんを適度の量でほどよい間隔で流すのが(これはボラの分担)なかなか難しく、おまけに竹が細いほうになるとそうめんが“あふれたり”、微妙な竹のしなりにそうめんが“飛び越えたり”…
とにかく大騒ぎです
でも、大きな笑い声やそうめんをすする美味そうな音も聞こえ、みなさんからは十分に楽しんでいただけたようです
でも、味をしっかり賞味するのはちょっと無理だったかな~

みなさんが部屋に戻ったあとがまた大変で、竹からあふれ出たそうめんがコンクリートの上に“散乱”状態
もったいないというのとそれまでの阿鼻狂乱の様を思い出しながらの後片付けでした
c0187298_23111749.jpg

*お手製のうちわを手に…

その後、私もたらふくそうめんを香のものと一緒に美味しくいただきましたが…土用の丑の日の今日の夕飯にはしっかりウナギをチラシ寿司にして食しました

よく食べゆっくり寝しっかり汗をかき…それが夏を元気に過ごす私流のスタイルです
そうそう、明日からはラジオ体操にも行くぞ~!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-07-26 22:26 | ボランティア | Comments(0)


<< 晴れのち蜂!? 《グランフォンド糸魚川2010... >>