今年の梅雨はホントに…

なかなかすっきりしない天気が続いています
雨が続いたかと思えば盛夏のような暑さの日も…
こんな按配ですから、ブドウ園でも農園でも汗ダクの日々です

そんな中で今年の名立祇園祭も終わり、さっきまで町内の後片付けに行ってきました
c0187298_1337522.jpg

初日のお神輿や山車が町内をねり歩く7日は暑い一日でしたが、それ以外はなんだか雨ばかり降っていたような気がします

わが家の横に道路をはさんで提灯が2本立っていて、それに毎晩灯りをつけるのが祇園祭の一週間の私の若いときからの役割なんですが、今年はこの雨で提灯を飾ったのは半分以下で、最終日の昨日も雨で提灯はわが家の車庫でむなしく窓から入る風に揺れていました

こんなうっとおしい梅雨空ですが、少しでも晴れやかな気持ちになっていただければと、先日、3月末以来の演奏ボランティアに行ってきました
c0187298_13382478.jpg

今回は直江津地区の老人ホームで、私が勤めていたときの“同僚”(と紹介いただきオモハユかったのですが、私にとっては優秀かつ誠実な人柄など見習うべきことの多い先輩でした)のMさんが私がこうした演奏ボラをしていることを覚えていてくれてお声がけいただいたというわけです

当日の会場は食堂、といっても150人もの利用者が入れる広さで、この日は約80人くらいのみなさんが私たちのいつものフルート&サックスのアンサンブルと一緒に“夏の童謡”や“時代劇メドレー”“懐かしの歌謡曲”を歌っていただきました
c0187298_1339835.jpg

会場が広く、また今回は初めてステージからの演奏ということもあり、みなさんとの一体感が少し弱かったような気がしましたが、それでもみなさんは私たちの演奏をじっと聴いてくれたり、一緒に歌っていただいたりした45分間でした
c0187298_13392149.jpg

老人ホームを車で去るときに建物を振り返ったら二階の廊下の窓から何人かが笑顔で手を振ってくれました

梅雨の一日に出会えたアタタカイ拍手とヤサシイ笑顔でした
[PR]
by mm-nadachi | 2010-07-14 13:30 | ボランティア | Comments(0)


<< 《グランフォンド糸魚川2010... 暑中ニ涼ヲ求メテ… >>