灘立農園版《桜の樹の下には…》

4月13日に続き、また「桜の樹の下には…」で始まりましたが、今回は「灘立農園の桜の枝の下には…」で、さて「…」にはなにが入るのでしょうか?

今日は昨日までの風もなく上着を一枚脱がないと汗ばんでしまうような天候でした
おかげ畑仕事も順調に進み、今日も昨日と同じくサトイモと八ッ頭の植付けでした

サトイモはなかなか冬の保存が難しく、わが家では(やむなく!?)皮をむいて冷凍保存にしているのですが、テニス仲間のオバサンのお宅では「茶の間に置いておけば春まで大丈夫だわね」とのことです

その冷凍サトイモが夕餉には先日採ってきたワラビや鶏肉などと煮物になって出てきましたが、まだまだサトイモ独特のヌメリもあって美味かったですね

そーです
ここまでくれば賢明な読者のみなさんのこってすからもうおわかりかと思いますが、答えは《サトイモ(の種イモ)》です
c0187298_20314862.jpg

サトイモは植付けてから芽が出てくるまで結構日数がかかるので、目安としていつもは竹かなんかを挿しておくのですが、ちょうど家から咲き終わった桜の枝を持ってきたので、急きょ“花咲ジーさん”に変身してその枝をさしてみたんです
これも灘立農園が“人里離れた”場所にあるからできる酔狂なんでしょうね

さて、明日はなにして“遊んで”こようかな…
[PR]
by mm-nadachi | 2010-05-02 20:33 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 820760690650530... 灘立農園の春 >>