“苦い”山菜採り

朝からの雨で農園三昧の連休暮らしを目論んでいた出鼻をくじかれたような感じでしたが、ともあれ午後は農園に行ってきました

でも…、雨上がりなのでざーっと畑をひと回りした後で山菜採りです

私はこれまで山菜採りといえるようなことはほとんどしたこともなく、せいぜい畑仕事の後でフキを採って帰るくらいだったんですが、先日、相方さんと毎年同じ場所に咲くカタクリの花を見に行ったら、その周りにゼンマイがニョキニョキしていて、なんとはなしに採り始めたらそれなりになって…

何日か後でこれを茹でて2,3日水に浸して灰汁抜きしたものが味噌汁の具になって出てきて、これがなかなか美味しかったのでその後もなんどかブラブラしながらゼンマイを採っていたこともあって今日も土手を登り始めたんですが、お目当てのゼンマイはそろそろ終期のようで、その代わりにワラビがなんとこんなに採れました!
c0187298_038573.jpg

               *右は農園の土手で採れたウドです

ゼンマイは土手みたいな傾斜地でよく採れるんですが、ワラビは萱(カヤ)やスギナなどが茂っている場所にあって、実はそれは耕作放棄して何年か経った後の田畑の“なれの果て”なんです
そして、これまで山菜採りに騒いでいたジーさん、バーさんたちが高齢になってもう姿を見せなくなったということもあって、私のような農夫でもこんなに簡単に(!?)採れてしまうということがなんだか単純に(素直に)喜べないような(春の山菜の特徴でもある)ちょっと苦い気持ちになってしまいました

さて、明日はちゃんと農夫しましょう!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-30 00:34 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 灘立農園の春 新記録樹立!? >>