小さい春 小さい春 小さい春 み~つけた

今日で3月も終わるというのに春らしからぬ日が続いていましたが、今日は寒さも少し緩み、《ちいさい春》をいくつか見つけることができました

まずは10日ほど前にポットに播種したキャベツやブロッコリー、カリフラワーの芽がポツポツと出てきました
よーく見ないと、いいえ、よく見てもわからないかもしれませんがこれはブロッコリーの“初芽”です
c0187298_2156970.jpg


農園は雨後の水たまりもなくなっていましたが、それでも畑打ちにはまだ少し早い状態だったので、今日も畑にはいつくばってのひがな草取りでした
と、そのときに“キュ~”とかいうおかしな音がしたと思ったら、土の中から現れたのがコイツでした
c0187298_21563721.jpg

《春眠》のところを起こしてしまったようでこの格好でしばらくそのまんまでした

そして、3番目の《小さい》春の使者はコイツでした
c0187298_2157192.jpg

草刈りや畑打ちをしていると土の中から出てきた虫をついばみにこうしてよく鳥が集まってきます
コイツは単身で、しかも人懐っこくてなんと最後は一輪車の上に飛び移ってキョロキョロしてました

夕方には近くの畑からは耕運機の音が聞こえてきました
いよいよジャガイモ植えが始まるのかな?
なのに、夜はまた雨です
ヤレヤレ
[PR]
by mm-nadachi | 2010-03-31 21:49 | 灘立農園 | Comments(0)


<< サヨナラは美しくありたい なにが彼をそうさせた?! >>