初東京マラソン完走記②こんなに楽しいなんて…

第2弾はようやくのスタートから約13km地点までの“初参加の熱に浮かされたランナー”のハシャギ具合をご笑覧ください

9:35(9:10から25分経過)
 車の渋滞でも一番先頭はどうなっているんだろうって思うと不思議だが、スタート・ラインを『エイヤッ!』っと気合を入れてまたぐとその後はすんなり流れ、ようやくの《遅れてきたランナー》になれた
 M応援団リーダーのSさんから“指定された”応援ポイントが5ケ所あり、最初のポイントがこのスタート直後で、スタート直後ということもあり、ひどい雨にもかかわらずランナーに負けず劣らず沿道の応援もすごい数のため左右をキョロキョロしながら走るがなかなか見つからない
 しかし、Sさんが用意してくれていた「ガンバレ!」のボードを見つけ、あたりかまわず「オーイ!」の大声でメデタク、でも一瞬のすれ違い
 ということでこんな写真になってしまったが、でも、このボヤケ具合がそのときの雰囲気を表している感じがする
c0187298_2291492.jpg

9:40(30分経過)
 JRガード下を抜け、新宿靖国通りに入る
 まずは「こんなに遅くていいの?ぐらいがちょうどいい」という浅井えり子さんのアドバイスどおりに周りのランナーや景色を眺めながらゆっくりペースで走る
 今から40年前の貧乏大学生のころ、時間だけは十分にあり、暇になるとこの辺を歩き回り、安い映画館に入ったりしたことを思い出す 
 現実に戻れば周りは東京マラソンを走れる喜びにもかかわらず、寒い中あれだけ“待たされた”せいかどのランナーもとにかく走りたくてたまらないって顔している
 そういう自分も嬉しくて楽しくてたまらない!
 冷たい雨がそんな自分を冷静にさせてくれるにちょうどいい
c0187298_2295042.jpg

10:05(55分経過)
 防衛省前から市ヶ谷駅前を走りぬけ、飯田橋駅手前の5km地点を56分28秒で通過
 スタートまでの20分を差し引くと1㌔あたり7分ペースになるが『これでよし!』
c0187298_2210456.jpg
 
10:10(ちょうど1時間経過)
 5km先で最初の給水所があり、雨のためか喉の渇きはほとんどなかったが、これも“早め&こまめな給水”とする
c0187298_2210255.jpg
 
10:35(1時間25分経過)
 飯田橋交差点を右折してきて10km手前の皇居広場前
 コースはスタート直後からの緩やかな下りがこのあたりからフラットな道になる
 降り続く雨が一瞬ミゾレっぽくなり、ランナーたちからも“どよめき”の声
 そのため下を向きながら走ることが多かったが、顔を上げるとそこには“巨岩”のような背中がそびえていた
c0187298_22105888.jpg

 ちなみにバンクーバー・オリンピックの参加国は82だが、東京マラソンもなんと78カ国からの参加で、アメリカが最多の893人、以下、韓国377人、イギリス308人と続いているようだ(「大会ガイドブック」から)

10:45(1時間35分経過)
 10km通過、この5kmは35分10秒でほほイーブンペース
 ペースは順調だがデジカメが雨が濡れてどうにも調子が悪い
 そういえばこの日比谷交差点あたりが“Jネット応援団”の第1ポイントだったが、この雨とそれにもかかわらずの人混みで“遭遇”はあきらめざるをえない
 このあたりから銀座方向に向かうランナーとすれ違い始めるが、先頭集団はいまいずこ?!
c0187298_22113421.jpg

11:00(1時間50分経過)
 M応援団の第2ポイントが約13km地点の芝公園付近
 ここでは少し手前からお互い確認できてついついこんなポーズ
 このころは寒さにも慣れ、足腰に異常もなくまだ余裕のあったのだが…
c0187298_22115439.jpg


明日は少しずつマラソンの過酷さを感じ始める《初東京マラソン完走記③天気とはウラハラに…》をお送りしますので引き続きヨロシク!!

今日であの夢の一日から3日が経ち、ようやく体調も戻りつつあります

しかし、こともあろうに相方さんが夕方から発熱したようで、早い回復を祈るだけですが…複雑な心境です
[PR]
by mm-nadachi | 2010-03-03 21:54 | ラン | Comments(0)


<< 初東京マラソン完走記③天気とは... 初東京マラソン完走記①スタート... >>