“銀河鉄道”に乗って春を迎えに…

いきなりですが…これは豊橋鉄道渥美線三河田原駅行きの電車です
c0187298_22104821.jpg

いくら風来坊の私とはいえここまで行ってきたわけではなく、在職中の東京事務所勤務以来ご夫婦ともども親しくお付き合いさせいただいている岡崎市のFさんから昨日届いた『豪雪お見舞い』のメールに添付されていた写真です

 添付の画像は、豊橋から渥美半島を走る豊橋鉄道です。
 駅からすぐの開発地区に植えてあるので、こんな写真が撮れました。
 「雪が解けると何になる?」「春になる」
 早く春が来ることを願っています。

ここにはしっかりと春がきてるんですね

ちなみにこれから22:38の名立駅発北陸本線に乗って4回乗り換えれば明朝8:50に三河田原駅に到着できます
レール上の距離では763.7㎞もありますが、考えてみれば10時間あれば春に会いに行くことができるんですね
でも、なんにもしないで待っていればまだ2ヶ月くらいはかかります

この時間感覚ってなんだか不思議ですね
でも、こんな感慨にふけっていたらもうじき電車が出てしまいます

それでは片道15,520円をポケットに“銀河鉄道”に乗って《早春の伊良湖岬渥美半島菜の花まつり》を楽しみに行ってくることにしましょう
[PR]
by mm-nadachi | 2010-02-07 22:08 | 旅行 | Comments(0)


<< 東京マラソン観戦ツアーのお知らせ!? ジャガイモ越冬物語 >>