雪は消えてしまったけど…ホワイト・クリスマス

朝方は気持ちのよい青空が広がっていたのですが、午後からはだんだんと冬空になってきて、今は雨と風が少し強くなってきています

それでも午前中はほんの少しだけでしたが農園に行って、雪の中からネギ、大根、白菜、レタスなどを少々収穫です

そして午後は椿寿苑で今年2回目(通算3回目)の演奏ボラでした
c0187298_0553068.jpg

時期的に《クリスマス・コンサート》ということにして、クリスマス・ソングをメインに冬の童謡や日本の四季メドレーのほか懐かしい歌謡曲など全部で12曲を演奏しました

クリスマスということでサンタさんのコスチュームで登場したのですが、ヒゲが口の中に入って吹きにくかったり、衣装を重ね着したため汗がタラタラ…と想定外のこともありましたが、『ジングル・ベル』では先日のいきいきサロンで使ったペット・ボトル製マラカスを振ってもらったり、童謡は一緒に歌ってもらったり、楽しい時間を過ごすことができました

そして、『見上げてごらん夜の星を』ではまた涙を流されている方もいて、私までジーンとしてしまいました

そして“お約束”のアンコールに『聖夜』を吹いて終了!という予定が「もうひとつ吹いてくんない!」とのアタタカイかけ声にはガラッと変わって美空ひばりの『川の流れのように』を吹かせてもらいました

サックス教室で主にジャズ系の曲を吹いていることが多く、今日のように童謡や歌謡曲などを吹くことはあまりないのですが、こうしてみなさんから楽しんでもらえるのはいつやっても嬉しいものです

そして、今回もアンサンブルの相方をお願いしたバン・マスのSさん(フルート)には今日のギャラとして朝に収穫してきた灘立農園野菜&キムチをお持ち帰りいただきました

ありがとうございました
[PR]
by mm-nadachi | 2009-12-24 00:53 | ボランティア | Comments(0)


<< 野郎どもだけのジャジーなイブ 冬至にはカボチャを… >>