大根足ってホントはね…

しばらく続いていた《この時期にしては》のお天気も今日は10時頃から雨になってしまいました
それでも、午前中はがんばって農園です

まずはタクアン用のダイコン干しです
品種は今年初めて作った青首大根で、8月20日に播種したものの虫害で一時期葉っぱが穴だらけになってしまったこともありましたが、その後なんとかここまで育ってくれました
c0187298_234002.jpg

*左の畝が青首大根で右の畝は“くらま”という品種です
c0187298_23402645.jpg

           
これを先日ケータイを落としてしまった用水に水を溜めて泥を落とすと《あらまー》の変身です
c0187298_2341572.jpg


このスラッとした“器量よし”を見ていると、大根足っていう意味が本来「大根のように真っ白な足」っていう誉め言葉だったのが、いつのまにか「大根のように太い足」に変わってしまったということをどこかで聞いたことを思い出しました
c0187298_23421239.jpg


そして、これを4本ずつしばってパイプでつくったハサにかけて、1週間から10日くらい天日と風に当ててから家に持って帰ります
c0187298_23424923.jpg


今日干したのは28本で、《少ないね》と思われるかもしれませんが、たくわん作り担当の相方と相談して、今年は少しずつ漬けようということで、今日で3回目のダイコン干しでした

美味しい野菜は土とお日様のほか、本当に自然の恵みということをいつも感じます
[PR]
by mm-nadachi | 2009-12-03 23:29 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 《八百灘》繁盛記 30年という時間が教えてくれたこと >>