初冬雑景②

22日(日)は穏やかな一日になりました

農園仕事に行く前に干し柿吊るしです
前日、知人からいただいたものなんですが、今年は灘立農園の柿が不作だったので大喜びでひたすらむきまくって…177ヶありました
さっそく朝日の当るベランダに干しました
c0187298_0404249.jpg

五葉松の“冬が濃い”、いいえ冬囲いとぴったりマッチした初冬風景…とお気に入りの一枚です

そして灘立農園に行く途中、サケ漁に多くの人が“群がって”いました
c0187298_0402675.jpg

サケ祭りは来週なのですが、例年のように荒天にならないように祈っています

農園は前日の雨やあられ(も降ったとか)の後なので、というより今の季節は収穫がメインなのですが、大根、白菜、ネギ、キャベツ、レタスなどを少しずつとって…

ふと、ソラマメの畝を見ると敷きわらの中に小さな芽が出ていました
c0187298_0411919.jpg

これからの雪の下でじっと春を待ち、その名の由来のように空に向かってしゃんと莢を立ててくれたらと願っています

午後は前日に続きまたもや“初挑戦シリーズ第2弾”としてコンニャクをやってみました
先日の講習会にいただいたレシピどおりにやってみましたが、なぜか少し水分が多かったようで、最後の“型を取る”のに難儀しました

でも、なんとかコンニャクらしくはできあがり、お昼のお汁粉(粒あん!)に続き、夕餉の食卓に刺身となって現れてくれました

次回は豆腐の予定です

そんでもって、ごめんなさい

奈良散策記は明日…にでも
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-25 00:37 | なんでも | Comments(0)


<< 往く秋を惜しんで… 休日には粒あんを作って… >>