立冬の灘立農園

暦の上では今日から(立春まで)が冬ということですが、今日は最高気温が22℃の“秋空”でした

こんなとってもありがたい農園日和なんですが、まだ少し暖かいので大根や白菜、ネギなどの秋冬野菜の本格的な収穫はもう少し先延ばしにして、まずはタクアン用の大根を少し収穫
用水の水でジャカジャカ洗って“ハサ”に干します
c0187298_221850100.jpg

次に白菜も少し収穫
今年の白菜は害虫の被害がひどく(といっても外側の葉っぱは穴だらけなんですが、芯の部分は大丈夫!)、なのでそうした白菜から食べていこうという“農園方針”に基づき、涙をのみながら穴だらけの葉をはがした後で、これも用水の水で(今度は)ジャブジャブ洗って、白菜の中に潜んでいる悪虫どもを洗い流します

収穫の後は昨日の午後に草刈りした草の後片付けです
一輪車いっぱいに刈った草を積んで坂道を何度も往復しているうちに汗がボタボタしてきます
これは堆肥にして来年以降畑にすき込みます

堆肥といえば午後は牛糞堆肥上げ作業から開始です
この堆肥は区内で牛を飼っているところから購入しているもので、モミガラと牛糞の完熟堆肥です
以前はホームセンターから牛糞や豚糞などを買ってきていたのですが、ここ数年はこれを元肥はもちろん、追肥にも使っています
ただ、灘立農園は残念ながら道路脇じゃないので、知り合いの畑の隅に仮置きさせてもらっているのをときどき農園に運び上げるのです
c0187298_22212439.jpg

今日は肥料袋で12袋
これも一輪車で坂道を3往復です
汗を流しながら、フクラハギを少し攣り気味にしながらも「これもトレーニング!」と思いながらのエイヤッエイヤッです

そして、今日の最後の仕事は汗をかいた後の体にはちょっと厳しい冷気が下りてきた中でタマネギの苗植えです
今日は白タマネギを約160本
c0187298_22244544.jpg

これで合計約750本(このほかに赤タマネギ170本)です!!

今年の立冬はこんなふうに幸い暖かい一日でしたが、タマネギ、ニンニク、ソラマメ、五月菜など、春に“結実”する野菜にはこれからの寒さに負けず冬を乗り越えてもらいたいと願っています
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-07 22:29 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 休園の日には自転車に乗って… カマキリ博士の降雪予報 >>