カマキリ博士の降雪予報

剪定作業2日目です

今日も冠雪の妙高山がくっきりの秋空です
c0187298_22192026.jpg

でも、「ところによっては午後から雷雨も…」の予報もあって、「それはご勘弁を…」との思いで作業開始です

しばらくしてカマキリの卵を発見!
c0187298_22201669.jpg

おおよそ2mの高さの棚に伸びたぶどうの枝に付いていました
巷間でいわれる“カマキリ博士の予報”でいけば今年は大雪なのでしょうか?
ブドウ園のある地区は当市でも積雪の多いところとはいえ2mは大雪です
さてさて、結果はいかに?!

さて、剪定作業ですが、昨年は作業の途中で予想外の降雪があり、ぶどう棚に大きな被害があったことから今年の剪定作業は急ピッチに進めたいとのこと

そこで、栽培棚ごとにこうして“剪定講習”(=基本的事項の確認)を受けてから剪定作業に入ります
c0187298_22224346.jpg













c0187298_22235481.jpg













この棚の高さは剪定の作業をするには私の身長だと脚立はいらないのですが、その分常に上を向く体勢での作業になるので、さすがに3時過ぎには首、肩に張りがでてきて、かなりしんどかったですね
c0187298_2223663.jpg


                       *右が剪定前⇒左が剪定後

それでも澄んだ青空の下での鮮やかな紅葉、そしてヒンヤリした空気を感じるころにはいつのまにかの夕焼け
そんな自然の中での一日を終えて夕日に向かって帰路につくころにはアルバイトとはいえ清々しい充足感に満たされています

だから明日も晴れて!!
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-05 22:16 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)


<< 立冬の灘立農園 錦繍のブドウ園 >>