“最後の恋人”

灘立農園の“三種の神器”というか(“七つ道具”ならぬ)“三つ道具”は耕運機、草刈り機、そしてなぜかラジオです

そのひとつの、というよりも絶対必要不可欠な耕運機が先日エンストし修理に出していたのですが、今朝、農機具店から電話がありました

「分解して点検・修理することもできるけど、部品が高くなっているし、今度エンストしたら部品の確保も難しいかも…」とよくある“導入部”から始まり…
「エンジンオイルも交換してないようで固まっているし、これじゃ…」と、いちばん指摘されたくなかった “管理不行届”という弱点を突っ込まれて…即白旗でした

そして、午後に初対面したのが “彼女”です
c0187298_19101726.jpg


前の彼女は10年を超える長い付き合いだったのですが、あまりに突然な別離で惜別の涙を流す間もなく新しい彼女の登場です(男ゴゴロはうつろいやすいのだ!)
彼女とこれからどれだけ付き合っていけるのかはわかりません
私の体力が先に燃えつきるか、それとも彼女にまた見限られてしまうのか、もしかしたら私にとっては“最後の恋人”になるのかもしれませんので、できれば末永く仲良くしていけたらいいなと思っています

そして、早速、初の“共同作業”として灘立農園で育てたタマネギの苗を植えてきました
c0187298_19102814.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-10-19 19:09 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 小豆礼賛!! 久々の“日曜日” >>