欲張り農夫の独り言

今日、なにげなく聞こえてきた“同僚”の話では、来週中に収穫作業が終わってしまうのではないかと…
この話が本当なら当初予定が今月末までだったので一週間早まるということです
これは農夫にとっては“半悔半喜”で、今の私にとっては貴重な現金収入が少なくなってしまうので、いろいろな予定が“取らぬ狸の皮算用”になってしまいます
“半喜”はちょうど今日、11月第一週からの剪定作業のアルバイトの申込みをしてきたこともあり、間の一週間で久々にじっくり農園仕事ができるということです

そんなことを知ってか知らずか…もちろん知ってるわけはない今日のブドウ園の上には澄みきった秋の空が広がり、いよいよ紅葉し始めたブドウの葉とそれと同じような色をした赤とんぼがゆったりと緩やかな秋の風に揺れていました
c0187298_029319.jpg


そして、今日もバイト後のランをしてきたのですが、なんと途中から我らが自転車チーム“アヴェック・ヴァン”のリーダーも走りにきて…

聞けば2週間ほど前にバスケ(そもそも彼の“本籍地”はバスケットなのです)の試合でリバウンドのときに右指をケガして、それから運動を禁じられていたら体がなまってしまって…といいながら、180cmを超える巨体でスタスタ走っていました
c0187298_0295299.jpg

                     *たまには山に沈む夕日もいいもんですね
[PR]
by mm-nadachi | 2009-10-16 00:28 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)


<< サックス吹きの農夫をめざし!? 人生の愉しみ方 >>