こんな日もあるさっ!

昨日はあんなこと書いていましたが、今日は天気の神様のお慈悲で心配していた“雨ニモ遭ワズ”にタマネギの苗植えができました

お盆過ぎに播種した灘立農園の苗はもう少し大きくしてからということと、来年は今年よりももっと多く収穫したい気持ちもあって、午前中に直江津の三八市で白100本、赤40本の苗を買ってきて植えました
c0187298_2051231.jpg
*三と八の付く日に開かれる“三八市”










c0187298_20522177.jpg

*まだ若そうな夫婦が売っていた“ヤブタケ”に列が…。キノコの季節ですもんね


天気予報では午後から雨ということだったのですが、明日からまたブドウ園のアルバイトなのでどうしても今日植えたかったのです
でも、ここのところ例の台風を始め雨が多くて、まだタマネギ畑の畑打ちが終わっていなかったので、“泥棒を捕まえてから縄をなう”いわゆる泥縄式で有機石灰と堆肥を撒いてから、さて畑打ちと耕運機のエンジンをかけて…まではよかったのですが、わずか一往復しただけでいきなりのエンジンストップです

耕運機はその後はいくらなだめすかしても「あと30分だけでいいから…」と言い聞かせてもとウンともスンとも言いません(もちろんそんなこと言うわけないですが…)
ということで、そのわずか一往復分だけのところに畝を作って無理やり140本を植えてきました
c0187298_20541624.jpg

                   *“彼女”がその耕運機です

こういうのを“やっつけ仕事”っていうのでしょうが、それでもこれで少し気が楽になりました
でも、農園の苗を近々植えるためには早々に耕運機を修理(故障なのか彼女の一時の“気まぐれ”なのかはまだわかりませんが)しなくてはいけません
うー頭が痛いな~

ということでやや滅入った気持ちで帰ってきたのですが、実はその後でとんでもないことが…!!!

夕飯前にこのブログを途中まで書いていたときに「着信メールあり」のメッセージがあって…
開けてビックリ!?

実は来年の東京マラソンの申込みをしていたのですが、それがなんと“厳正なる抽選を行いましたところ、当選とさせていただきました”だって!!

私はあまりこうした抽選とかクジには縁がなくて、おまけに定員を大幅に超すものすごい応募者数だと聞いていたのでほとんど期待していなかったし、もし当選したら練習が大変だな~なんてお気楽に考えていたのです

それが当ってしまったのです!!

ということで早速明日にでもセブンで参加費(10,000円!!)を振り込んでから書店で「あなたも3ヶ月でマラソンが走れる!!」なんて本(がきっとあるだろうから)買って…と妙にテンションが高くなってきている自分に気づきました

上がったり下がったり、いいえ今日は順番が逆で、下がったり上がったり…ま、こんな日もあるでしょう
[PR]
by mm-nadachi | 2009-10-13 20:48 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 人生の愉しみ方 秋深まる >>