70F-79

突然ですが…私が大学に入学したのは1970年です
なので私の学籍番号は70F-79となっているのですが、さて“F”とは?
それはもちろん学科名の頭文字なのですが、自分で言うのも今となっては恥ずかしいのでみなさんで考えてみてください
ヒントはFUTURE(未来科)とかFANTASY(空想科)とかではかなり現実離れしてますが、FOREIGN(外国科)が近いでしょうか?

ともあれ1974年の3月に無事卒業できて、気がつけば早いもので35年が過ぎています
卒業してすぐにこっちに戻ってきたのでその後ほとんど大学とは縁もゆかりもなく、せめて同窓会費を払うだけでした

それでも東京事務所勤務時代は仕事で近くに行ったとき(2度ほど?)はフラーと校内を歩いてきたものです
哀しいかな在学当時の記憶も定かではありませんでしたが、「なんでここに高層ビルが…」と思うような校舎が建っていて、その変わりようには驚いたものでした

ただ(これも記憶があやふやですが)いつからか同窓会県支部から同窓会の案内は届いていたのですが、ついついのうちに35年です

そして、今年も7月に同窓会の案内が届いたのですが、そこに書かれていたのは“Summer party in barihama”とあり、「青春時代よ、再び」を合言葉に、「真夏の海でギンギンに冷えたビールを飲みながら、心地良い音楽に酔いしれよう」という「軽いノリでいっちゃいます」ってことでしたので、(大変失礼ながら)面白いなと思っての初参加でした

行ってみて本当に会場は真ん前に砂浜が、そして海が広がる新潟市の青山海岸のその名も「ポセイドン」というお店でした
笹ヶ峰トレイルランしてからだったので同窓会はもう始っていましたが、会場には約30人のはじめましての“同窓生”のみなさん!

しばらくして自己紹介が始り、卒業年順に学生時代の思い出や近況報告等がありました
c0187298_23332640.jpg

先輩方のお話を聞いていて、田舎出で女子学生がまぶしかったとか学生運動、学園紛争のことなど、似たような気持ちで同じ時代を過ごしてきたことを知り、その後は少し楽な気分でお話することができ、短くも楽しいひとときでした

そして最後は校歌と応援歌斉唱でのお開きになったのですが、考えてみれば校歌は歌った記憶はないし、応援歌は一度だけ神宮球場に野球の試合を応援に行ったときに歌っただけ
でも、なぜか最後の歌詞だけはみなさんと声を合わせることができてヤレヤレでした
(といっても校名を繰り返すだけですから…)
c0187298_2336306.jpg


県内の同窓生は1,000人もいるようなので、今後は参加者増に向け、長岡や上越など各市回り番での開催計画もあるということをお伺いしました
そういえばアイツもアノコもいたんだっけ…

ということで、青山海岸に沈む夕日を眺める時間もなく、またまた慌ただしく会津若松市に向かったのですが、それはまた明日のお楽しみに…!
[PR]
by mm-nadachi | 2009-08-25 23:29 | ふと思うこと | Comments(0)


<< 猪苗代湖一周サイクリングⅠ 笹ヶ峰トレイルランニング >>