夏の太陽は今何処?

6月下旬から始まった葡萄園でのアルバイトも今週でとりあえず終了になります
とりあえず…というのは、今回は新梢誘引~摘房~摘芯~ネット張りなどの作業で、“生長環境”が整ったブドウの房はこれから夏の太陽をいっぱいに受けて、大きく、そして色づいてくるのです
そして、9月からの収穫を迎えます
ということで9月まではアルバイトは暫時“休業”になります

その最終週の初めの今日は今回のアルバイトで最悪のコンディションでした

テレビでは山口県防府市の大雨による土砂災害のニュースが流れていますが、葡萄園でも午後から“バケツをひっくり返したような”大雨に見舞われました
午前は小雨で、しかもブドウ棚の下にいると茂った葉で雨にはそれほど当らなくて済んでいたのですが…

お昼の休憩中に糸魚川の友人から電話があって、すごい雨が降っているとの話だったのですが、ここまではしばらく時間がかかるかなと思っていた(天気は西から変わる!?)のに、ほぼ午後の作業開始とともに大粒の雨が降ってきました

今日は摘房作業でどうしても上を見上げて、両手を上げながらの作業になるので、顔面には痛いほどの雨があたり、雨具の袖口からはいやおうなしに雨が入ってきます

そして、雷の心配もあったので、まもなく「避難してくださーい」との声がかかって…
写真はその雨を避けているときのものです
c0187298_2336462.jpg

雨はその後は少し小雨にはなったものの、結局作業終了まで降り続きました
雨具の下の衣服はどうしようないほどのびしょ濡れで、最後のほうはもうなんだかヤケな気分で雨に当っていました

幸い明日の午後には青空も期待できそうです
あと2日間元気にがんばってこようと思います

*天気の日には“高田城下”が一望できる見晴台からの眺望です(このときはまだ雨は降っていませんでした)
c0187298_23381780.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-07-21 23:33 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)


<< 皆既日食の下のブドウ ドキュメント風北海道旅行記Ⅳ~... >>