ドキュメント風北海道旅行記Ⅱ・札幌は霧の中だった

今日は巷的には七夕なんでしょうが、ここ名立では一年をとおして最大の行事である祇園祭の初日です

町外れの小高い山の上の江野神社からお神輿を下ろし、5つの町内の6つの山車が練る後を若い衆がお神輿を担いで回るといったお祭りで、子どものころには榊や幟旗を手にお神輿の周りをワッショイワッショイと走り、そして若いころはお神酒やビールを飲んでお神輿を担ぎ、そして山車で練り歩き…
c0187298_22391416.jpg













c0187298_22392752.jpg

今日はその若いころに戻ったように久々にお神輿を担いできました
今の若い衆はみんな背が高くて、いわゆる“肩が合わなくて”なかなか大変でしたが、みんなでワッショイの掛け声をかけながら楽しんできました

でも、明日から久々のバイトなので、“弁解無用”でまた汗を流してこようと思っています





さて、旅行記そのⅡです

7月3日(金)
□ガラスとオルゴールの街・小樽
小樽でのガラスづくりは明治後半からで110年くらいの歴史がある
当初は石油ランプや漁具(浮き玉)など、生活用品などの実用品が主だったようだが、その後の観光地化に伴い個性豊かな作品が製作されるようになったらしい

ガラス製品の製作状況を見学した後、お土産コーナーで風鈴を買う
c0187298_22405682.jpg
この涼やかな音を聞くたびに北海道を思い起こすだろう

オルゴールも小樽の街の歴史と重なりながら定着したようで、小樽運河やそのほかの歴史的建造物など“ロマンの街小樽”にオルゴールの音色が心地よく響いていた
しかし、買ったのは「美女と野獣」で小樽の街とはあまり関係がないものだった

□札幌市内散策
お昼前に札幌に入り、羊が丘展望台(“Boy’s be ambitious”で有名なクラーク博士像がある)~サッポロラーメン~北海道大学~時計台~北海道庁旧本庁舎を見物

*札幌でもラベンダーの花があちらこちらに…
c0187298_2242047.jpg

クラーク博士像や北海道大学は言うに及ばす、時計台もかつては札幌農学校の演武場だったとのことで、“北海道開拓”に果たした札幌農学校の役割の大きさを知る
そして、夜はまた夜景散策に“もいわ山”に出かける
「これで函館山、小樽の天狗山と並ぶ“北海道三大夜景”達成!」とロープウエイに勇んで乗り込むもつかの間、山頂付近はまったくの霧の中
c0187298_22421869.jpg
霧は摩周湖だけにしてもらいたいものだ
[PR]
by mm-nadachi | 2009-07-07 22:36 | 旅行 | Comments(0)


<< もうひとつの…ネジリ花 ドキュメント風北海道旅行記Ⅰ・... >>