トルシー効果!

火曜日から木曜日までの葡萄園アルバイトを終え、金曜日から待ちに待った農園仕事の再開です

逸る(「はやる」の漢字を恥ずかしながら今、知りました)気持ちを抑えきれずに6:00起床の早朝農夫でした

農園に着き、まずは全園チェックです
幸い数日前の雨で作物の生長具合に特に問題もなかったので、予定どおりタマネギ収穫から始めました
わが灘立農園だけではなくいろいろな人から「今年のタマネギはトウが立って…」という話を聞きました
残念ながらその理由が少雨のせいなのかどうかは聞けませんでしたが、「わが農園だけじゃないのか…」と気分的に多少は楽になったのは事実で、それでも黄色玉で260ヶ、赤玉で150ヶ(もちろん大小・硬軟(?)入り交ざっていますが…)の今年の収穫に感謝です

その後、土曜日(この日も6:30起床)、日曜日(なんと5:30起床)と、ジャガイモ収穫(第一弾)~畑打ち~味噌用大豆(エンレイ)苗定植、草刈りとほぼ予定どおりに進んでいます
*エンレイ定植後
c0187298_21144945.jpg

ただ、なんたることかズッキーニとカボチャの苗を間違えてしまい、土手近くに植えるつもりのカボチャが畑のど真ん中でツルを伸ばし始めているのを見るにつけ、「あーあ」というため息が出るばかりです
なんたって、そのツルの横には小豆やサツマイモが植わっているわけで、カボチャの威勢のいいツルの“侵食”をいかに防ぎつつ、カボチャも実をつけるか、これからの日課です

今年、長年“手塩にかけた”アスパラが春先に虫にやられてしまったことは前にも書きましたが、その虫が今はこのズッキーニやカボチャ、そしてキュウリのまだ柔らかい葉について、食い荒らしています
その虫を手で捕殺(まさしく、手で捕まえてグチャっとつぶす)するのがこれまた日課になっているのですが、コイツはなかなか身が軽くて、そーと後からしのび寄ってもすぐに飛んでたってしまう難敵なんです

ところが、昨日、灘立農園産のネギ苗を取りにきた農婦Tさん(妻の友人ですが…)から「この虫を取るシールあるんだよ」って教えていただき、なんと、その現物もいただくことができました
その名も「害虫捕獲粘着紙 ビタット・トルシー」というもので、小さいころわが家にもかかっていた“ハエ取り紙”の農園版といったものでしょうか
*ズッキーニの畝のビタット・トルシー(その奥に見えるコンモリしたのがそのカボチャです)
c0187298_211410100.jpg












その結果が写真のとおりで、期待どおりの捕獲結果でした
c0187298_21142710.jpg
ちなみにコイツらの名前はウリハムシといって、その名のごとく、キュウリやズッキーニなどのウリ科野菜の害虫ということらしい
もっと早くに知っていればあのアスパラも…と思っても仕方ないことで、ならばこれからの無農薬栽培の“金棒”にしていこうと思っています










ということで、今日も夕日を眺めながらの帰りです(写真は生で見るよりはかなり夕日色になっています)
c0187298_21162438.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-06-28 21:00 | 灘立農園 | Comments(0)


<< これもいわゆる“ひとつの人生の... 実り多き秋に向けて… >>