久比岐自転車道

先日の日記で“名立谷”が私の自転車トレーニングのホームコースと書いたばかりですが、最近は毎日(夕)のように“久比岐自転車道”を走っています。c0187298_22213222.jpg
*能生・白山神社横の案内板

全区間約33kmの久比岐(くびき)自転車道はほぼ全線が北陸本線の旧区間で、高校生のときは毎日この電車で直江津まで通学していたのですが、高校を卒業し、東京でわびしい(!)浪人時代を送っていた1969年に北陸本線の複線化に伴い、それまでの線路が廃止され、自転車道に転用されたわけです。

国道8号の郷津交差点付近(フィッシング・センターの駐車場になっているところに郷津駅があったのです)を起点に、ほぼ海岸と国道8号に沿って走っており、ほとんど起伏がなく、「日本海と佐渡島、能登半島を望むことができる風光明媚な自転車道」です。(Wikipedia参照)

そして、この自転車道が私の家の近くを走っている(なので、北陸本線がここを走っていたときは電車の通過で時間がわかったものです)ため利用しやすいということもありますが、自転車(と歩行者)専用道路なのでなんといっても安心(たまにこどもの飛び出しや違法駐車などの“ヒヤリハット”もありますが…)です。

私の自転車のお師匠さんからの「毎日30km走るように」というノルマを達成するためにはこの自転車道で能生・鬼伏地区まで往復しなければならないのですが、農園仕事の都合とかでなかなか思うようにはいかないのが現状です。

それでもほとんど毎日、17:00ころに農園から戻ってきて、汗ふきながら~コーヒー飲みながら~アンパンかじりながら~着替えながら~とにかく慌ただしく自転車にまたがって出発します。

その日によって異なる風景を眺め、潮の匂いを含んだ風を切りながら走るのは本当に楽しいものです。そして、帰りには白山神社(1月15日の日記をご参照ください)でお参りした後で“ご神水”をペットボトルに入れ、天気のいい日は夕日を背に受けながら家に帰ります。c0187298_2222117.jpg

*能生・(通称)とっとこ岩(鶏の“とさか”の形をしているので…)







そんな今日、こんな看板を見つけ(ついついいつものくせで)お参りしてきました。c0187298_22264546.jpg















c0187298_2223887.jpg



33観音札所巡礼が終わったら次は88ヶ所!?

それはさておき、今週はこの自転車道をさらに西に走り、終点となる糸魚川市押上から西浜七谷のひとつ、早川谷を上がる予定です。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-05-12 22:20 | 自転車 | Comments(0)


<< 久々の… Green Cliff >>