農を守る草刈り

連休も終わり、農園から見下ろす北陸自動車道は昨日までの一般道路並みの通行量がウソのような静けさで、今日はいつもにましてウグイスの鳴き声や風が木々を揺らす音が耳に心地よい午後でした。

今日はジャガイモの土寄せでした。c0187298_22354693.jpg
例年より少し遅い植付けで、またそのときの表土(畑土)がサラサラ状態でなかったせいか、今年はあまり芽の出がよくないのです。
近くの畑のジャガイモはもう30~50cmも茎を伸ばしているのに、灘立農園では今日が初めての土寄せです。
昨年は面白がって5種類もの種イモを植えたのですが、今年はその中から妻と私の希望をそれぞれ採用して、ダンシャクとトウヤの2種類にしましたが、この後なんとか“挽回”できるように祈っています。

土寄せの後は花壇の草取りと横の畑の草刈りです。c0187298_22364423.jpg
花壇は妻の担当なのですが、今年はなかなか農園に来れなくて、そのうえ連休中はインフルエンザで外出禁止令のため、花の茎が見えないくらいに草が伸び放題になっていました。

そして、“横の畑”という妙な言い回しですが、ここは灘立農園ではなく、実はKさんという方の畑で、これまた実はなんですがこの畑はもう何年も前から果樹畑になっていました。
Kさんの畑は農道を挟んでもう一枚あって、昨年まではオバーちゃんががんばっていたのですが、とうとう今年からこの畑も耕作しないことになってしまいました。

ここ数年、灘立農園の周辺はそうした畑が少しずつ増えてきて、こうした畑は2,3年もすればカヤが生い茂り、そしてもちろんもう元の畑に戻ることはなく、そのことについてはとても残念に思いますが、私がどうこう言える立場にはなく…、ただその畑から蔓が伸びてきて灘立農園の作物にまで影響が出てきてしまうことがあるのです。

そこでそうなる前に…ということで、今年からKさんと相談して、この畑の草刈りを私がすることにしました。
なんてお人好しなと思う方も多いでしょうが、私には刈った草を堆肥にして、それがいつか農園の土を豊かにしてくれるからという思い(または願い)でやることでもあるし、どういうわけか私は草刈りや草取りが単純に好きな仕事なので、ぜんぜん苦にならないのですが、やっぱり気ままな灘立農園だからこそできることなんでしょうね。

悲しいけどこれが灘立農園を取り囲む現状です。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-05-07 22:31 | 灘立農園 | Comments(0)


<< ふれあいランチサービス・ボラも... ツチノコはどこに? >>