好事魔多しⅡ

月曜日からの脇腹痛は昨日の“ゆったり湯治”のせいかほぼ完治し、「さっ、農園仕事再開だっ!」と意気込んで、「今日はまず堆肥撒きから…」と小屋からスコップを取り出そうと手を伸ばした瞬間に足元が少し滑り、と同時に右足ふくらはぎにピリッとした痛みを感じ、それはこれまでもなんどか経験したことのある肉離れに似た痛みと同じで…。

先日、“好事魔多し”とブログして、ちょっと春の浮かれ気分を自省し、というのも実は昨年も6月下旬に農機具(フォーク)でケガしていたこともあって、これからも注意していこと思ったばかりだったのに、ヤレヤレというかアーアです。

夜になっても痛みはひかず右足を引きずって歩いていますし、明日の朝はどうなっているのか不安でもありますし、なんといっても灘立農園ではようやくジャガイモの芽が出始め、その土寄せやゴールデン・ウイークにはトマトやナスなどの夏野菜の苗を植える時期でもあるのですが、ここは“お気楽に”先週の11kmランの後でよかったし、160km自転車大会にはまだ間に合う時期でよかったなと思うことにしています。

さて、肉離れに効能のある“ゆったり湯治2”はどこに行こうかな?

では、鬱陶しい気分を変える(ことができればいいなと思う)の写真を2枚ご覧ください。
昨日の湯ったり村での“幻想的な”一枚と農園付近のイカリ草の群生です。

c0187298_22295654.jpg














c0187298_22302040.jpg
[PR]
by mm-nadachi | 2009-04-24 22:20 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 世界に一本のワイン ゆったり湯治 >>