雨の降る日は天気が悪い

なんだか久しぶりのブログです。

季節はずれの風邪で寝込んでいたわけでもなく、突発性視力障害に襲われたということもなく、(思い出したくない)“前頭葉萎縮”が再発した恐れもなくいたって元気でしたし、パソコンの故障もなく、書きたいこともいっぱいあったのに、なかなか“その気”になれなかったというのが正直なところで、ひと月早い“五月病”でしょうか?

ともあれ、では“初心に”戻って、「本格的に作業が始まった灘立農園の近況からお伝えしましょう」と思っていたのですが…。

3月末で患者図書室ボラに“お暇”をいただいて、1日から2年目の農夫暮らしに専念する予定だったのですが、(昨年もそうだったように記憶してますが、)なんと雨のスタートですっかり気勢をそがれてしまいました。

そして、それ以上に粘土質な畑が多い灘立農園にとって雨は、特に春先は雨が上がっても大体3日くらい畑仕事ができないくらいの“災難”で、海沿いの砂地で農業をしている知り合いが「雨が上がればすぐにでも仕事ができる」って言ったことがときどき羨ましく思うこともあります。

でも、ここでやると決めたからにはすべてを受け入れて…と思いつつも先日のように“待ちきれずのジャガイモ植え”なんかをしてしまうわけですから、まだまだです。

ということで、4月になってからはようやく畑が乾いてきたなと思うと雨が降って…の繰り返しで、今日も午前はやっぱり少し早い感じのジャガイモ植えをしてきたのですが、午後からの雨でこうして久々のブログをしているというところです。

この雨の日の過ごし方というのはいろいろあって、実は2日には初めて平日に越後33観音札所巡礼にも行ってくることができましたし、図書館や書店でc0187298_16383489.jpgゆっくり本を探したり、たまには映画館に行ったり、温泉巡りしたり…なんですが、どうしても“暇つぶし”に感じてしまって、あまり居心地がよくないんです。

今年はもっと胸を張って(?)雨の日を楽しめるようになりたいと思いますが、天気予報では来週はまったく雨の心配がないようなのでしばらくはお預けでです。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-04-04 16:23 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 二組の来客 待ちきれずのジャガイモ植え >>