失せもの現る!

昨日からの風はまだ少し残っていたものの青空が広がったので9時半ころから灘立農園に行ってきました。
雨上がりなのであまり畑は“かまえない”と思っていたのですが、アスパラ畑の枯れた茎や草があまりにもひどかったので、ひと畝だけでもと始めたのですが、まもなく草に中にチカチカ反射するものがあって…。

それがこのサングラスです。
c0187298_21214114.jpg


このブログで私がサングラスをかけた写真を2度(青梅マラソン、自転車巡礼)お目にかけましたが、今日見つけたサングラスはこの前のものだったのです。
今となってはこのサングラスをいつ失くしたのかも忘れてしまいましたが、新しいサングラスを買ったのが昨年9月末の越後湯沢で行われた“越後湯沢秋桜ハーフマラソン”の会場だったので、おそらくその前だったのでしょう。
また、農園で草刈り機を使うときに刈った草木や泥が目に入らないように防護していたこともあったし、夏の強い日差しから目を護るためにしていたこともあったので、きっと8,9月ころだったのでしょう。

もちろん、畑仕事のとき以外にも、ランや自転車、そして車の運転のときにも使っていて、軽くて、レンズの色もそんなにきつくなくて…。

でも、草取りを始める前に一瞬だけ草刈り機でないでしまおうかと思ったのですが、もしそうしていたらこれくらいのサングラスは惨めなまでに切り刻まれてしまっていたでしょう。

これから農園仕事も、そしてランや自転車も本格的なシーズンです。
ただこれだけのことなんですが、なんだかこれからうまくいきそうな、そんな気がしてとても嬉しい気持ちになりました。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-03-15 21:15 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 巡礼記Ⅹ‐1~どこへ行っても風と雨~ 巡礼記Ⅸ~初の自転車巡拝~ >>