続・患者図書室ボランティア

“お約束”どおりに患者図書室ボラの続編です。

患者図書室のある病院は市内でも有数の総合病院のひとつ(でも、自動血圧測定器を人間ドックで使うアノ病院ではありません)で、昨年2月に厚生労働省から「地域がん診療連携拠点病院」に指定されたことに伴い、“患者”に対する健康や病気に関する情報提供を目的に6月に設置されたもの(ということを総務課長さんからお伺いしました)で、小説や随筆などを含め、蔵書数が約1,000冊の小さな図書室です。

昨年末まで週2,3日の開館だったものを「患者図書室の充実」(これも総務課長さんのお話)に向け、平日5日間の開館のために増員されたボランティアの一人として、「ようやく高校時代の図書委員の経験とこれまでの読書歴の成果が生かされる(?)ときがきたぞ」と、それなりに意気込んで12月中旬から月・火・木の3日間(ボラは午前中だけです)、パソコンを背に、そして弁当片手に電車で通っているのですが、なかなか利用者がなく(開館以来、12月までの貸出実績は約260冊です)て、ちょっとあてがはずれた感じの“手持ち無沙汰”の時間だけが過ぎていきます。

そこで、もう一人のボランティアの人と自主的に(というか、“勝手に”)いろいろと“患者図書室利用促進案”を考えているところで、その最初の取組みとして、まず年末には書棚の向きを90度変えて、図書室の前を通る患者さんたちに見えやすいようにしました。

そして、次なる策としては患者さんたちへのPR戦略を現在作成中です。

また、嬉しいことに、先日、開設以来このブログにただひとりコメントを寄せていただいているumeさんから医療関係の図書を2冊寄贈いただきました。
ありがとうございました。

間もなくそれも書架に並ぶことになると思いますが、こうしてほかのボランティアのみなさんとワイワイ協力しながら、患者さんたちにとってのホット・ライブラリーになればいいなと思っています。

普通に考えれば病院にはあまり近寄らないほうがいいでしょうが、もしこの総合病院に来ることがありましたら、ぜひ図書室にも寄っていってください。
(*1階医事課0番カウンターの向かいにあります)

お待ちしてます!
c0187298_194561.jpg
*今日、患者図書室にボランティアに来てくれた医療事務専門学生さんです。
「音楽が流れているといいですね」って、あまり読書をしないという彼女たちらしい利用促進案をいただきました。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-01-21 00:59 | ボランティア | Comments(0)


<< 剪定は芸術だっ! 季節はずれの“サマータイム” >>