季節はずれの“サマータイム”

間もなくファースト・ブログからひとつきが経ちます。
今日で19本目のブログですが、これまで相も変らぬ拙文にお付き合いいただき、厚くお礼申し上げます。

そこで、今日は“開設1ヶ月御礼記念ブログ”(?)として、ファースト・ブログの“サマータイム”の続編です。

といってもこれといってなにがあるということではないのですが、サマータイムは一昨年秋の初めてのレッスン教室発表会でソロを吹いた曲なんです。

なぜこの曲を選んだのかなんですが、先生から何曲かの楽譜を渡されて、その中から最終的に選曲したのが確か夏の終わり頃で、まさしくその季節にピッタリの曲名だったことと、メロディーもよく知っていたというだけのことで、そこが生来の“考えなし”で、発表日はなんと冷たい雨の降る秋の日。

サックスを吹き始めてもうじき2年が終わろうとしていますが、やっぱり今でも本当に吹きたいのはなんなんだろうって思います。c0187298_0284811.jpg


昨年の発表会では“リカード・ボサノバ”を吹いたんですが、ほかの人はほとんどがジャズのスタンダードで、もちろん「オイラもあんなふうに吹いてみたいな」って思うんですけど、でも、ジャズだけってのもなんだかな~。

*全員で“ロンドンデリーの歌(ダニーボーイ)”を合奏した後で…

ということで、今年はいろいろなジャンルに挑戦してみようということで、最近はきっとみなさんもよくご存じの“カノン”を練習してます。

いつかこのブログでお見せ(お聞かせ?)できるようにしっかり練習して(あわせて、ブログももっと“勉強”しなきゃ)おきたいと思います。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-01-20 00:18 | サックス | Comments(0)


<< 続・患者図書室ボランティア 書き足りないプロローグ >>