09年走り初めに見た“男の所作”

一日遅れの“謹賀新年”です。
今年がみなさんにとって素敵な一年になりますようにお祈り申し上げます。

そのためにはまずは健康でなければ…と言いつつ、年末からの風邪が微妙に治らず、昨日は元旦というのにお屠蘇もそこそこの寝正月になってしまいました。

でも、そのおかげ(?)か風邪もそれほど悪化せず、今日は十日町新雪ジョギングマラソン10㎞に参加し、59分27秒で完走することができました。c0187298_16473888.jpg


あいにくの(といってもこれがこの地域の“冬そのもの”の)雪模様でしたが、今年が30回目の記念大会ということや中越地震からの一層の復興に向けての励ましをという意味も込め、北京オリンピックにも参加した土佐礼子選手をゲストランナーに迎え、例年より多くの参加者が集まったようです。

私は約10年ぶりの参加で、体調不良や悪天候もありましたが、なにはともあれ09年の走り初めをいつもの目標である“①ゲッパ(つまりはビリ)にならない②10㎞を1時間内”をクリアーできてちょっと嬉しく、そして少し誇らしく帰ってきました。

帰りのほくほく線の“しんざ駅”で確か往きの電車でも一緒だった年配の方が待合室のベンチに腰掛けながらウイスキーの小瓶を手にしてゆっくりと味わうようにキャップのウイスキーを飲んでいました。
c0187298_16441458.jpg


その姿がなんだか映画のワンシーンみたいで、ちょうど読みかけの池波正太郎さんの「男の作法」と重なって、あんな格好ができたらいいな~と思いましたが、あれは私みたいにお酒を飲んですぐに顔が真っ赤になってしまう男には似合わないな…といきなりの現実に戻されてしまいました。

さて、次回は2月の青梅マラソンです。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-01-02 16:34 | ラン | Comments(0)


<< 走りながら思うこと 種をまく >>