山ノ畑ニ居リマス

灘立(“なだち”と読んでください)農園の名前は、この地域が昔から「波(灘)が高く立つ」ところから付けられた(らしい)ということをかなり前に駅の案内板で見かけたことがあって、そこから拝借しているのですが、これからの季節はロゴ写真にあるような高波が押し寄せる日が多くなってきます。
でも、今日(午前だけでしたが)は快晴無風の畑日和でしたので、宮澤賢治風に言えば“山ノ畑ニ居リ”ました。
今年は例年より暖かく(感じます!)、大根、白菜、ネギの冬野菜御三家やキャベツ、ブロッコリーなどの収穫もまだ少し残っていますが、今日は“天地返し”をやってきました。
野菜が植わっていた畝と畝の間は春から秋の間ずっと踏み固められて土が硬くなってしまっているのと、暖かなせいかこの時期なのに草が生えてきて、その除草を兼ねてスコップで土を掘り起こしてきました。
本当はもっと寒い時期にするのが効果的なでしょうが、あまりのお天気についつい…。
凝り性なのに飽きっぽい性格で、春からつけていた農園日記も秋口からはアヤシクなってきましたが、それでも今年は50品種くらいの野菜の栽培・収穫データができました。
冬の間に少し整理しなきゃ…と思いつつ、今日は気持ちのよい汗を流すことができました。
[PR]
by mm-nadachi | 2008-12-21 23:09 | 灘立農園 | Comments(2)
Commented by ume at 2008-12-22 18:31 x
mm-nadachi様、まずはブログ開設おめでとうございます。早速、栄誉のコメント第一号を記します。
さて、今年の作柄はいかがだったでしょうか。私も来春からは、農夫の真似事をしてみたいと思っていますので、
その節は、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
Commented by mm-nadachi at 2008-12-22 22:25
あれは長嶋さんか王さんだったか(それともまったく別の打者かな?)。あれほどの大打者でもシーズンイン前は「今年は1本のヒット(ホームラン?)も打てないのではないか」と思い悩んだということを聞いたことがあります。とりあえずその不安は解決しました。umeさん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


<< ラン・序章 サマータイム >>