サマータイム

サックスを始めて間もなく2年が経とうとしています。
でも、なかなかまだうまく吹けません。
もちろんMALTAや須川さんみたいになんて冗談でも思ってはいませんが、さすがに「そろそろなんとかならないかな~」とか「やっぱりこれが50の手習いの限界かな~」なんて思い始めているのも隠せぬ事実(?)です。
でも、このめげそうな気持ちを奮い立たせてくれるのが今年から新しく始まったアンサンブルの楽しさです。
メロディラインはまだしも、伴奏を吹くのは楽譜を読めない初心者にすればなかなか大変なんですが、でも、ときどき自分の音とも思えないようなきれいな(和)音が醸しだされると、ホント、いい気持ちです。
そして、今日のアンサンブル・レッスンで渡された新しい楽譜が“サマータイム”でした。
この続きはまた今度にして…、そんなふうに、“20世紀の折り返しの日”が誕生日のサックスほかを楽しみながら暮らしている農夫ですが、よろしかったらこれからもお付き合いください。
[PR]
by mm-nadachi | 2008-12-21 00:43 | サックス | Comments(0)


<< 山ノ畑ニ居リマス